過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和4年度上期 午後 一般問題 問21

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
単相3線式100/200V屋内配線の住宅用分電盤の工事を施工した。不適切なものは。
   1 .
ルームエアコン(単相200V)の分岐回路に2極2素子の配線用遮断器を取り付けた。
   2 .
電熱器(単相100V)の分岐回路に2極2素子の配線用遮断器を取り付けた。
   3 .
主開閉器の中性極に銅バーを取り付けた。
   4 .
電灯専用(単相100V)の分岐回路に2極1素子の配線用遮断器を取り付け、素子のある極に中性線を結線した。
( 第二種 電気工事士試験 令和4年度上期 午後 一般問題 問21 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
0
評価しない

正解は4です。

配線用遮断器における素子とは、過電流を感知する役割をもちます。

この素子を接地側に接続しないと、過電流が流れても検知できず、回路は遮断されません。

単相200[V]では、どちらも非接地側電線なので、2極2素子(2P2E)の配線用遮断器が必要です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は「4」の(電灯専用(単相100V)の分岐回路に2極1素子の配線用遮断器を取り付け、素子のある極に中性線を結線した。)です。

素子のある極に中性線を結線するのは不適切です。

よって、不適切なものを選択するので「4」の(電灯専用(単相100V)の分岐回路に2極1素子の配線用遮断器を取り付け、素子のある極に中性線を結線した。)です。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

単相3線式の配線遮断器に関する問題です。

2極1素子(2P1E)のような表記をします。

1および2の「2極2素子」の配線用遮断器は単相200Vでも100Vでも利用することができます。

3の「主開閉器の中性極に銅バーを取り付ける」は正しいです。

4ですが中性線が遮断されると200Vの電圧が危機に加わることになり100V規格の電灯は破損する恐れがあります。したがって、中性線を素子のない極に取り付ける必要があります。

したがって答えは4です。

なお類題として単相200Vのルームエアコンに2P1Eの遮断器を取り付けたり(これはダメ)、2P1Eの素子のない極に中性線を結線した(これはOK)という選択肢の問題が過去に出題されています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。