過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和4年度上期 午後 一般問題 問25

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
絶縁抵抗測定が困難なので、単相100/200Vの分電盤の各分岐回路に対し、使用電圧が加わった状態で、クランプ形漏れ電流計を用いて、漏えい電流を測定した。その測定結果は、使用電圧100VのA回路は0.5mA、使用電圧200VのB回路は1.5mA、使用電圧100VのC回路は3mAであった。絶縁性能が「電気設備の技術基準の解釈」に適合している回路は。
   1 .
すべて適合している。
   2 .
A回路とB回路が適合している。
   3 .
A回路のみが適合している。
   4 .
すべて適合していない。
( 第二種 電気工事士試験 令和4年度上期 午後 一般問題 問25 )

この過去問の解説 (2件)

評価する
0
評価しない

正解は3です。

電技解釈第14条では、絶縁抵抗の測定が困難な場合、漏洩電流が1.0[mA]以下のときに絶縁性能を有していると判断されます。

漏洩電流が1.0[mA]以下の回路は、A 回路のみなので、A 回路のみ適合しています。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

「電気設備の技術基準の解釈」(電技解釈)第14条第1項によると「絶縁抵抗の測定が困難な場合、漏洩電流が1mA以下なら絶縁性能が保たれているとすることができる」とあります。

したがって、0.5mAのA回路だけが適合していることになります。したがって正解は3です。

ちなみに絶縁抵抗測定が困難というのはブレーカーが落とせない(停電状態にできない)ということです。ブレーカーを落とせる場合は絶縁抵抗が測定できますが、その場合は3相3線200Vの場合0.2MΩ以上、それ以外(100Vや単相200V)は0.1MΩ以上となっています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。