過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和4年度上期 午後 一般問題 問27

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
図の交流回路は、負荷の電圧、電流、電力を測定する回路である。図中にa,b,cで示す計器の組合せとして、正しいものは。
問題文の画像
   1 .
a:電流計  b:電圧計  c:電力計
   2 .
a:電力計  b:電流計  c:電圧計
   3 .
a:電圧計  b:電力計  c:電流計
   4 .
a:電圧計  b:電流計  c:電力計
( 第二種 電気工事士試験 令和4年度上期 午後 一般問題 問27 )

この過去問の解説 (2件)

評価する
0
評価しない

正解は4です。

直流回路でも同様ですが、電圧計は並列に、電流計は直列に接続します。

ここで、電力を求める公式は P=V I[W]です。

電圧と電流を使って求めるため、直列、並列に接続します。

☆補足☆

電圧計の内部抵抗は非常に大きいです。

そのため、直列に接続していては、ほとんどの電圧降下が電圧計によるものとなってしまい、負荷に電圧が供給されません。

並列に接続すると、内部抵抗が非常に大きいため、電圧計側に電流はほとんど流れません。

電流計の内部抵抗は非常に小さいです。

そのため、回路に並列に接続してしまうと、ほとんどの電流が電流計に流れ込んでしまい、負荷に電流が供給されなくなります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は4になります。

覚えることとしては、電流計の中に抵抗が入っているけどめちゃめちゃ小さい。電力は電流と電圧から求める。の2つだけです。

そうすれば、回路に対して直列に電流計を入れても電流に対して影響を与えない(=ある程度正しく電流を計測できる)ことがわかり、電力計には端子が3つ必要であることがわかるため、必然的に4が答えだとわかります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。