過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和4年度上期 午後 一般問題 問29

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
「電気用品安全法」の適用を受ける次の電気用品のうち、特定電気用品は。
   1 .
定格消費電力40Wの蛍光ランプ
   2 .
外径19mmの金属製電線管
   3 .
定格消費電力30Wの換気扇
   4 .
定格電流20Aの配線用遮断器
( 第二種 電気工事士試験 令和4年度上期 午後 一般問題 問29 )

この過去問の解説 (2件)

評価する
0
評価しない

正解は4です。

特定電気用品となる電気用品は以下の通りです。

・絶縁電線

・配線用遮断器

・電線

・漏電遮断器、スイッチ、差し込み接続器

・小型変圧器、放電灯用安定器

・携帯発電機

例外もありますが、主なものとしては、これらが該当します。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

「電気用品安全法」で「特定電気用品」に指定されているものは4の配線用遮断器です。

まじめに見ていくと以下の品目になります

https://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/specified_electrical.html

ざっくりいうと、間違った使い方をすると危険なもの、という意味なのですがおおむね以下の順番で確認していくといいでしょう。

①電気工事士が電気工事に使いそうなもの(ケーブル電線、遮断器、スイッチ、変圧器など)

②ヒューズ、ソケット類

③熱が出るもの、水がかかりやすそうなもの(ヒーター、電気便座)

逆に一般家庭用品と電線管は特定電気用品ではありません。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。