過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第35511問」を出題

問題

[ 設定等 ]
クレーンの定期自主検査及び点検に関し、法令上、正しいものは次のうちどれか。
   1 .
1か月以内ごとに1回行う定期自主検査における荷重試験は、定格荷重に相当する荷重の荷をつって、つり上げ、走行等の作動を定格速度により行わなければならない。
   2 .
1か月をこえる期間使用しなかったクレーンについては、その使用を再び開始した後1か月以内に、自主検査を行わなければならない。
   3 .
定期自主検査又は作業開始前の点検を行い、異常を認めたときは、作業開始後、遅滞なく補修しなければならない。
   4 .
定期自主検査を行ったときは、クレーン検査証にその結果を記載しなければならない。
   5 .
作業開始前の点検においては、ランウェイの上及びトロリが横行するレールの状態について点検を行わなければならない。
( クレーン・デリック運転士試験 平成29年(2017年)10月 関係法令 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
1.誤りです。
1年以内ごとに1回行う定期自主検査における荷重試験は、定格荷重に相当する荷重の荷をつって、つり上げ、走行等の作動を定格速度により行わなければなりません。
2.誤りです。
1年をこえる期間使用しなかったクレーンについては、その使用を再び開始するときに、自主検査を行わなければなりません。
3.誤りです。
定期自主検査又は作業開始前の点検を行い、異常を認めたときは、速やかに遅滞なく補修しなければなりません。
4.誤りです。
定期自主検査を行ったときは、その結果をクレーン検査証に記載する必要はありません。
5.正しいです。
作業開始前の点検においては、ランウェイの上及びトロリが横行するレールの状態について点検を行わなければなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正しいものは5番です。

5 .作業開始前の点検では、走行、横行の状態、過巻防止装置、ブレーキ、クラッチなどの異常の有無を点検する必要があります。

1 .荷重試験を行う定期自主検査の期間は1年以内ごとに1回と定められています。1か月以内に1回行う検査ではクレーンの各部の異常の有無です。
2 .1か月をこえる期間使用しなかったクレーンについては、その使用を再び開始する際に自主検査を行う必要があります。
3 .定期自主検査又は作業開始前の点検で、異常を認めたときは、作業を開始せず、使用禁止などの措置を行い、遅滞なく補修などの対応をする必要があります。
4 .定期自主検査の結果の記録はクレーン検査証に記載する必要はありませんが、3年間の保存が義務付けられています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。