過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第46467問」を出題

問題

[ 設定等 ]
クレーンの機械要素に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。
   1 .
ローラーチェーン軸継手は、たわみ軸継手の一種で、2列のローラーチェーンと2個のスプロケットから成り、ピンの抜き差しで両軸の連結及び分離が簡単にできる。
   2 .
全面機械仕上げしたフランジ形固定軸継手は、バランスが良いため、回転が速い軸の連結に用いられる。
   3 .
ウォームギヤは、ウォームとこれにかみ合うウォームホイールを組み合わせたもので、15 ~ 50程度の減速比が得られる。
   4 .
振動や繰り返し荷重によるボルトやナットの緩みを防ぐため、ばね座金や舌付き座金のほか、ダブルナット、スプリングナットなどが使用される。
   5 .
歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、外歯車にはクラウニングが施してあるため、二つの軸のずれや傾きがあると円滑に動力を伝えることができない。
( クレーン・デリック運転士試験 令和元年(2019年)10月 クレーン及びデリックに関する知識 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない
1 . 正しいです。

ローラーチェーン軸継手は、たわみ軸継手の一種です。
2列のローラーチェーンと2個のスプロケットから成り、ピンの抜き差しによって容易に両軸の連結及び分離ができます。

2 .正しいです。

フランジ形固定軸継手は、全面機械仕上げしたものはバランスが良いため、回転が速い軸の連結に用いられています。

3 . 正しいです。

軸にねじを切ったような歯車をウォームといい、ウォームに直角にかみ合う歯車をウォームホイールといいます。
これらを組み合わせたものがウォームギヤです。
15 ~ 50程度の減速比が得られ、比較的小型であるのが特徴です。

4 .正しいです。

振動や繰り返し荷重によるボルトやナットの緩みを防ぐため、ばね座金や舌付き座金があります。
座金以外の緩み止めとしては、ダブルナット、スプリングナットなどが使用されています。

5 .誤りです。

歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造になっています。
外歯車にはクラウニングが施してあるため、二つの軸のずれや傾きがあっても円滑に動力を伝えることができます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。