過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第46497問」を出題

問題

[ 設定等 ]
均質な材料でできた固体の物体の重心に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。
   1 .
長尺の荷をクレーンでつり上げるため、目安で重心位置を定めてその真上にフックを置き、玉掛けを行い、地切り直前まで少しだけつり上げたとき、荷が傾いた場合は、荷の実際の重心位置は目安とした重心位置よりも傾斜の低い側にある。
   2 .
水平面上に置いた直方体の物体を傾けた場合、重心からの鉛直線がその物体の底面を外れるときは、その物体は元の位置に戻らないで倒れる。
   3 .
物体を構成する各部分には、それぞれ重力が作用しており、それらの合力の作用点を重心という。
   4 .
円錐(すい)体の重心の位置は、円錐体の頂点と底面の円の中心を結んだ直線の底面からの高さが頂点までの高さの2分の1の位置にある。
   5 .
重心は、物体の形状によっては必ずしも物体の内部にあるとは限らない。
( クレーン・デリック運転士試験 令和元年(2019年)10月 クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
1 . 正しいです。

荷を地切り直前まで少しだけつり上げたとき、荷が傾いた場合は、荷の実際の重心位置は傾斜の低い側にあります。

2 . 正しいです。

平面に置いた物体を傾けた場合、重心からの鉛直線がその物体の底面を外れるときは、その物体は倒れます。

3 . 正しいです。

物体を構成する各部分には、それぞれ重力が作用しており、それらの合力の作用点を重心といいます。

4 . 誤りです。

円錐(すい)体の重心の位置は、円錐体の頂点と底面の円の中心を結んだ直線の底面からの高さが頂点までの高さの4分の1の位置にあります。

5 . 正しいです。

重心は、物体の形状によっては必ずしも物体の内部にあるとは限りません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。