過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第49752問」を出題

問題

[ 設定等 ]
クレーンの機械要素に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。
   1 .
平座金は、当たり面の悪いところ、傷つきやすいところなどに用いられる。
   2 .
歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、外歯車にはクラウニングが施してあるため、二つの軸のずれや傾きがあっても円滑に動力を伝えることができる。
   3 .
キー板は、固定軸の回転や軸方向への抜け出しを防ぐために用いられる。
   4 .
転がり軸受は、玉やころを使った軸受で、回転の際の摩擦抵抗が非常に小さい。
   5 .
六角ボルトを使用する際は、接合部材間の摩擦力を高めるため、ボルトの取付穴はボルトの径より若干小さめに空ける。
( クレーン・デリック運転士試験 令和2年(2020年)4月 クレーン及びデリックに関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない
正解は5です。

1 .適切です。
平座金は平ワッシャーともいいます。
ボルトに対して通し穴が大きすぎて締め付けられない場合や、部材の当たり面が悪いところ、部材が軟らかいため傷つきやすいところなどに用いられます。

2 .適切です。
歯車形軸継手はギヤカップリングともいいます。
外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造が特徴です。
外歯車には、歯当たりの調整を行うクラウニングが施してありますので、二つの軸のずれや傾きがあっても円滑に動力を伝えることができます。

3 .適切です。
キー板はキープレートともいいます。
固定軸の回転や軸方向への抜け出しを防ぐために用いられます。

4 .適切です。
転がり軸受は、玉やころを使った軸受です。
回転の際の摩擦抵抗が非常に小さく、動力の損失も少ないことから、各部の軸受に広く使われています。

5 .適切ではありません。
六角ボルトの取付穴は、六角ボルトの径より若干大きめに空けなければそもそも取り付けることができません。
また、取り付けによって接合部材間の摩擦力を高めることができても、摩擦力以上の力がかかると部材がずれることがあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
適切でないのは5番です。

5.六角ボルトを取り付けるときは穴に通して取り付けるため、取り付ける穴がボルトより大きくないと取り付けることができません。
通常ボルト取付穴はボルト径より少しだけ大きく空けてあります。

1 .平座金は、当たり面の悪いところ、傷つきやすいところなどに使用され、ボルトの当たり面を広くするために使われています。

2 .歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、二つの軸のずれや傾きがあっても円滑に動力を伝えるように作られています。

3 .キー板は、固定軸の回転、軸方向への抜け出しを防ぐために取り付けられています。

4 .転がり軸受は、玉やころを使った軸受で、回転の際の摩擦抵抗を非常に小さくすることができます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。