過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第49778問」を出題

問題

[ 設定等 ]
感電災害及びその防止に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。
   1 .
接地線には、できるだけ電気抵抗の大きな電線を使った方が丈夫であり、安全である。
   2 .
接地は、漏電している電気機器のフレームなどに人が接触したとき、感電の危険を小さくする効果がある。
   3 .
電気火傷には、アークなどの高熱による熱傷のほか、電流通過によるジュール熱によって生じる皮膚や内部組織の傷害がある。
   4 .
感電による人体への影響の程度は、電流の大きさ、通電時間、電流の種類、体質などの条件により異なる。
   5 .
感電による危険を電流と時間の積によって評価する場合、一般に、50 ミリアンペア秒が安全限界とされている。
( クレーン・デリック運転士試験 令和2年(2020年)4月 原動機及び電気に関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない
正解は1です。

1 .適切ではありません。

接地線に電気抵抗の大きな電線を使うと、抵抗によって電気が流れにくくなります。その結果、電線が熱を持ち、焼けて漏電を起こしたり、感電や火災などの事故が発生するおそれがあります。

2 .適切です。

漏電している電気機器のフレームなどに人が接触すると感電します。感電を防止するために接地は必ず行いましょう。

3 .適切です。

電気火傷には、アーク熱とジュール熱によるものがあります。熱傷は皮膚の浅い部分で火傷が収まりますが、電流通過によるものは内部組織に傷害が及ぶため非常に危険です。

4 .適切です。

感電をしたとき、電流の大きさ、通電時間、電流の種類、体質などの条件によって人体への影響の程度は異なります。
これらの中で最も人体に影響を与えるものは、電流の大きさと通電時間といわれています。

5 .適切です。

交流電流による危険度は直流に比べて高く、50 ミリアンペア秒が安全限界とされています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
適切でないのは1番です。

1 .接地線には、できるだけ電気抵が小さく、径が大きな電線を使った方が丈夫であり、安全です。

2 .接地は、漏電している電気機器の電気を地面に逃がすためのもので、人が接触した時に感電の危険を小さくする効果があります。

3 .電気火傷には、アークなどの高熱による表面的な熱傷のほか、電流通過による内部組織の火傷があります。

4 .感電するときの人体の影響の程度は、電流の大きさ、通電時間、電流の種類、感電者の体質の等の条件により傷害の程度が異なります。

5 .一般に、感電による安全限界を電流と時間の積によって評価する場合の大きさとして、50ミリアンペアが限界です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。