過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第52404問」を出題

問題

[ 設定等 ]
クレーンの電動機の始動方法及び速度制御方式に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。
   1 .
かご形三相誘導電動機のインバーター制御は、電源の周波数を固定したまま電流値を変えて電動機に供給し回転数を制御するもので、精度の高い速度制御ができる。
   2 .
巻線形三相誘導電動機のサイリスター一次電圧制御は、電動機の回転数を検出し、指定された速度と比較しながら制御するため、極めて安定した速度が得られる。
   3 .
巻線形三相誘導電動機の渦電流ブレーキ制御は、電気的なブレーキであり機械的な摩擦力を利用しないため、消耗部分がなく、制御性も優れている。
   4 .
直流電動機のワードレオナード制御は、負荷に適した速度特性が自由に得られるが、設備費が極めて高い。
   5 .
かご形三相誘導電動機では、極数変換により速度制御を行う場合は、速度比 2 : 1 の 2 巻線のものが多く用いられる。
( クレーン・デリック運転士試験 令和2年(2020年)10月 原動機及び電気に関する知識 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
正解は1です。

1 .誤りです。
かご形三相誘導電動機のインバーター制御は、電源の周波数を変えて速度制御をおこないます。
比較的に安価で、精度の高い速度制御ができることが特徴です。

2 .正しいです。
巻線形三相誘導電動機のサイリスター一次電圧制御は、電動機の回転数を検出し、指定された速度と比較しながら制御するため、極めて安定した速度が得られます。

3 .正しいです。
巻線形三相誘導電動機の渦電流ブレーキ制御は、渦電流による制動力を利用した電気的なブレーキです。
機械的な摩擦力を利用しないため、消耗部分がなく、制御性も優れています。
高価で、大容量電動機には不向きであるといったデメリットがあります。

4 .正しいです。
直流電動機のワードレオナード制御は、負荷に適した速度特性が自由に得ることができます。設備費が極めて高いです。

5 .正しいです。
かご形三相誘導電動機では、極数変換により速度制御を行う場合は、速度比 2 : 1 の 2 巻線のものが多く用いられています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。