過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問 平成29年(2017年)10月 クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 問39を出題

問題

[ 設定等 ]
天井から垂直につるした直径2cmの丸棒の先端に質量400kgの荷をつり下げるとき、丸棒に生じる引張応力の値に最も近いものは( 1 )〜( 5 )のうちどれか。
ただし、重力の加速度は9.8m/s2とし、丸棒の質量は考えないものとする。
   1 .
12.5 N/mm2
   2 .
25.0 N/mm2
   3 .
31.2 N/mm2
   4 .
62.4 N/mm2
   5 .
124.8 N/mm2
( クレーン・デリック運転士試験 平成29年(2017年)10月 クレーンの運転のために必要な力学に関する知識 問39 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は1です。

引張応力(N/mm2)=部材に作用する引張荷重(N)÷
部材の断面積(mm2)

=400㎏×9.8m/s2÷(10mm×10mm×3.14)

=12.48N/mm2≒12.5N/mm2
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は1番です。

引張応力の計算は、引張応力(N/㎜2)=荷重(N)÷断面積(㎜²)です。

荷重(N)=400×9.8=3920Nとなります。

断面積(㎜²)=半径×半径×3.14=10×10×3.14=314(㎜²)となります。

引張応力(N/㎜2)=3920(N)÷314(㎜²)=12.48(N/㎜2)となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。