過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問 平成31年(2019年)4月 関係法令 問17

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
クレーン・デリック運転士免許及び免許証に関する記述として、法令上、正しいものは次のうちどれか。
   1 .
免許に係る業務に従事するときは、当該業務に係る免許証を携帯しなければならないが、屋外作業等、作業の性質上、免許証を滅失するおそれのある業務に従事するときは、免許証に代えてその写しを携帯することで差し支えない。
   2 .
免許に係る業務に現に就いている者は、氏名を変更したときは、免許証の書替えを受けなければならないが、変更後の氏名を確認することができる他の技能講習修了証等を携帯するときは、この限りでない。
   3 .
免許に係る業務に現に就いている者は、免許証を滅失したときは、免許証の再交付を受けなければならないが、当該免許証の写し及び事業者による当該免許証の所持を証明する書面を携帯するときは、この限りでない。
   4 .
重大な過失により、免許に係る業務について重大な事故を発生させたときは、免許の取消し又は効力の一時停止の処分を受けることがある。
   5 .
労働安全衛生法違反により免許の取消しの処分を受けた者は、処分を受けた日から起算して30日以内に、免許の取消しをした都道府県労働局長に免許証を返還しなければならない。
( クレーン・デリック運転士試験 平成31年(2019年)4月 関係法令 問17 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
2
評価しない
1 . 誤りです。

原則として、免許に係る業務に従事するときは、当該業務に係る免許証を携帯しなければなりません。

2 . 誤りです。

免許に係る業務に現に就いている者は、本籍や氏名を変更したときは、すみやかに免許証の書替えを受け、当該免許証を携帯しなければなりません。

3 . 誤りです。

免許に係る業務に現に就いている者は、免許証を滅失したときは、すみやかに免許証の再交付を受け、当該免許証を携帯しなければなりません。

4 . 正しいです。

重大な過失により、免許に係る業務について重大な事故を発生させたときは、免許の取消し又は効力の一時停止の処分を受けることがあります。

5 .誤りです。

労働安全衛生法違反により免許の取消しの処分を受けた者は、遅滞なく、免許の取消しをした都道府県労働局長に免許証を返還するように定められています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。