過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師の過去問「第31728問」を出題

問題

界面活性剤に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
 1 . 
界面活性剤は.、臨界ミセル濃度( cmc )より低い濃度の方が洗浄力が高い。
 2 . 
界面活性剤が水に溶けない物質を透明に溶解させるはたらきを乳化という。
 3 . 
石けんは、陰イオン界面活性剤である。
 4 . 
陰イオン界面活性剤のイオン化した部分は、親油性が高い。
( 第35回 美容師国家試験 美容の物理・化学 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
正解は3です。
陰イオン界面活性剤には、洗浄力のすぐれているものが多くあり、石けんや合成界面活性剤などがあります。
界面活性剤は、臨界ミセル濃度( cmc )より高い濃度の方が洗浄力があります。
液体にその液体と混じり合わない別の液体を微粒子状に均一に分散させることを乳化といいます。
評価後のアイコン
2018/10/27 14:50
ID : oyyphjfrqf
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この美容師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。