過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第29101問」を出題

問題

[ 設定等 ]
温水ボイラーの温度制御に用いるオンオフ式温度調節器(電気式)について誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
温度調節器は、調節器本体、感温体及びこれらを連結する導管で構成される。
   2 .
感温体内の液体には、一般にトルエン、エーテル、アルコールなどが用いられる。
   3 .
感温体は、ボイラー本体に直接取り付けるか、又は保護管を用いて取り付ける。
   4 .
保護管を用いて感温体を取り付ける場合は、保護管内にシリコングリスを挿入してはならない。
   5 .
温度調節器は、一般に調節温度の設定及び動作すき間の設定を行う。
( 二級ボイラー技士試験 平成27年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
47
評価しない
1. 正しいです。温度調節は温度調節器と操作器を用いて行われ、温度調節器は調節器本体、感温体及びこれらを連結する導管で構成されています。

2. 正しいです。感温体には熱膨張の大きいトルエンやエーテル、アルコールが内包され、それらの温度変化による伸縮を読み取り、温度測定を行います。

3. 正しいです。感温帯はボイラー本体に直接取り付けるか、高温、腐食、摩耗環境下ではシリコングリスを挿入した保護管内に入れて取り付けます。

4. 誤っています。保護管を用いて感温体を取り付ける場合、保護管内には温度検知をしやすくするために、シリコングリスを挿入する必要があります。

5. 正しいです。温度調節器は調節温度の設定及び動作すき間の設定を行います。設定温度値では、少しの温度変化により出力のON/OFFが頻繁に切り替わります。この動作は装置に大きな負担をかけてしまうので、これを解消するために動作すき間(調節感度)を設けています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は 4 です。

保護管を用いて感温体を取り付ける場合は、保護管内にシリコングリスを挿入して、感度を上げます。

1. 温度調節器は、調節器本体、感温体及びこれらを連結する導管で構成されます。

2. 感温体内の液体には、一般にトルエン、エーテル、アルコールなどが用いられます。温度変化により液体が膨張、収縮します。

3. 感温体はボイラー本体に直接取り付けるか、保護管を用いて取り付けます。

5. 温度調節器は一般に調節温度の設定および動作すき間の設定を行います。動作すき間の設定を行うことで、オンとオフの切り替えの頻度を下げ、切り替え負荷を減らします。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
1.正解です。
温度調節器は調節器本体、感温体及びこれらを連結する導管で構成されます。また、温度調節器に流れる電流は、DCです。

2.正解です。
記載の通り、感温体内の液体には一般にトルエン、エーテル、アルコールなどが用いられます。

3.正解です。
感温体はボイラー本体に直接取り付けるか、又は保護管を用いて取り付けます。

4.誤っています。
保護管を用いて感温体を取り付ける場合は、保護管内にシリコングリスを挿入します。解説とは逆になります。

5.正解です。
記載の通りです。温度調節器は一般に、調節温度の設定及び動作すき間の設定を行います。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。