過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第29114問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ボイラーの内面腐食について、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
給水中に含まれる溶存気体のO2やCO2は、鋼材の腐食の原因となる。
   2 .
腐食は、一般に電気化学的作用により生じる。
   3 .
アルカリ腐食は、高温のボイラー水中で濃縮した水酸化ナトリウムと鋼材が反応して生じる。
   4 .
ボイラー水の酸消費量を調整することによって、腐食を抑制する。
   5 .
ボイラー水のpHを酸性に調整することによって、腐食を抑制する。
( 二級ボイラー技士試験 平成27年4月公表 ボイラーの取扱いに関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
36
評価しない
1. 正しいです。腐食は、酸素イオンや水素イオンが存在するときに起こりうる反応です。

2 .正しいです。腐食は一般に、電子を放出する反応(アノード反応)と電子を受け取る反応(カソード反応)といった電気化学的作用からその機構を捉えることができます。

3. 正しいです。アルカリ腐食は、高温環境下で水中の水酸化ナトリウム(NaOH)の濃度が上昇して発生する腐食です。

4. 正しいです、酸消費量とは、水中に含まれるアルカリ成分(炭酸塩、炭酸水素塩など)の量を、これに当たる炭酸カルシウムの濃度に換算したものです。これを調整することで、腐食を抑制することができます。

5. 誤っています。ボイラー水のpHを酸性に調整すると、pHを低下させてしまい、腐食を促進させる恐れがあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
正解は 5 です。

ボイラー水のpHを酸性にすると腐食が促進されます。そのため、pHを上げアルカリ性にする必要があります。

1. 酸素や二酸化炭素は加熱により、鋼材と反応し、腐食する恐れがあります。

2. 腐食はボイラー本体の鋼材が酸化されることで発生します。

3. ボイラー水は給水されるまでに硬度成分がナトリウムに置き換えられているため、水酸化ナトリウムが生成されます。

4. 酸消費量はその水がどれだけの酸を供給しても酸性にならずに済むかという量であるため、水が酸性にならないように気を付けることで、腐食を抑制することができます。
評価後のアイコン
評価する
14
評価しない
1.正解です。
給水中に含まれる溶存気体のO2やCO2は、鋼材の腐食の原因となります。

2.正解です。
記載の通り、腐食は一般に電気化学的作用により生じます。

3.正解です。
アルカリ腐食は、高温のボイラー水中で濃縮した水酸化ナトリウムと鋼材が反応して生じます。

4.正解です。
ボイラー水の酸消費量を調整することによって、腐食を抑制します。また、酸消費量は水中に含まれるアルカリ分の量を示す値です。

5.誤っています。
ボイラー水のpHを酸性に調整することによって、腐食を抑制することはできません。pHをアルカリ性に調整することによって、腐食を抑制します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。