過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第29139問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ボイラーの鏡板について、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
鏡板は、胴又はドラムの両端を覆っている部分をいい、煙管ボイラーのように管を取り付ける鏡板は、特に管板という。
   2 .
鏡板は、その形状によって、平鏡板、皿形鏡板、半だ円体形鏡板及び全半球形鏡板に分けられる。
   3 .
平鏡板は、内部の圧力によって曲げ応力が生じるので、大径のものや圧力の高いものはステーによって補強する。
   4 .
皿形鏡板は、球面殻、環状殻及び円筒殻から成っている。
   5 .
半だ円体形鏡板は、同材質、同径及び同厚の場合、全半球形鏡板に比べて強度が強い。
( 二級ボイラー技士試験 平成27年10月公表 ボイラーの構造に関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
24
評価しない
1. 正しいです。鏡板は、胴又はドラムの両端を覆っている半円状・楕円状の部分をいい、煙管ボイラーのように管を取り付ける鏡板は、特に管板といいます。

2. 正しいです。JISにも記載されている通り、鏡板は、平鏡板、皿形鏡板、半だ円体形鏡板及び全半球形鏡板に分けられます。

3. 正しいです。平鏡板は、内部の圧力によって曲げ応力が生じるので、大径のものや圧力の高いものはステー(ガセットソテー)により補強します。

4. 正しいです。皿形鏡板は、球面殻、環状殻及び円筒殻から成ります。また、他の鏡板の特徴として、半だ円体形鏡板は高圧ボイラーで用いられたり、全半球形鏡板は一番強い高圧ボイラーで用いられたりします。

5. 誤っています。同材質、同径及び同厚の場合、強度の強い順に並べると全半球形、半楕円体形、皿形、平形となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
1.正解です。
記載の通り、鏡板は胴又はドラムの両端を覆っている部分をいい、煙管ボイラーのように管を取り付ける鏡板は、特に管板といいます。

2.正解です。
鏡板は、平鏡板、皿形鏡板、半だ円体形鏡板及び全半球形鏡板の4つに分けられます。

3.正解です。
ステーとは、平鏡板や平ふた板等を内部から支えているものをいいます。

4.正解です。
皿形鏡板は球面殻、環状殻及び円筒殻から成っています。

5.誤っています。
半だ円体形鏡板は同材質、同径及び同厚の場合、全半球形鏡板に比べて強度が弱いです。
強度が弱い順に、下記に記載します。
平鏡板<皿形鏡板<半だ円体形鏡板<全半球形鏡板
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正答は「5」です。

設問は、ボイラの鏡板について問われています。

以下に説明致します。

 鏡板(かがみいた)は、胴又はドラムの両端を覆っている部分で、煙管ボイラのように管を取り付ける鏡板は、特に管板(くだいた)といいます。

 鏡板は、その形状によって、平鏡板、皿形鏡板、半だ円体形鏡板及び全半球形鏡板に分けられます。
 同材質、同径、同厚の場合、平鏡板<皿形鏡板<半楕円鏡板<全半球形鏡板の順に強度が高くなります。

 平鏡板は、球面部分が少ないために、内部の圧力によって曲げ応力が生じるので、大径のものや圧力の高いものはステーによって補強します。

 皿形鏡板は、球面殻、環状殻及び円筒殻から成っており、一般的によく使われております。

 半だ円体形鏡板や全半球形鏡板は、高圧ボイラに用いられます。

以上の説明により、選択肢5が誤っていることがわかります。

正答は「5」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。