過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第29158問」を出題

問題

[ 設定等 ]
重油の性質について、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
重油の密度は、温度が上昇すると増加する。
   2 .
密度の小さい重油は、密度の大きい重油より一般に引火点が低い。
   3 .
重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。
   4 .
重油の粘度は、温度が上昇すると低くなる。
   5 .
密度の小さい重油は、密度の大きい重油より単位質量当たりの発熱量が大きい。
( 二級ボイラー技士試験 平成27年10月公表 燃焼及び燃焼に関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
正解は 1 です。

物質は一般的に温度が上昇すると密度が減少します。

2 密度の小さい重油は、一般に密度の大きい重油より気化しやすいため引火点が低いです。

3 比熱とは単位質量(例えば1グラム)当たり単位温度(例えば1℃)上げるのに必要な熱量を指します。

4 重油の粘度は温度が上昇すると低くなり、温度が下降すると高くなります。

5 密度の小さい重油は、密度の大きい重油より単位質量あたりの水素が多いため発熱量が大きくなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
1.誤っています。
重油の密度は、温度が上昇すると減少します。

2.正解です。
密度の小さい重油は、密度の大きい重油より一般に引火点が低いです。

3.正解です。
重油の比熱は温度及び密度によって変わります。
比熱の単位は、J/(kg・K)ですから、温度、密度は関係性があります。

4.正解です。
重油の粘度は温度が高いと低くなり、温度が低いと粘度は高くなります。

5.正解です。
記載の通りです。密度の小さい重油は密度の大きい重油より単位質量当たりの発熱量が大きいです。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正答は「1」です。

設問は、重油の性質について問われています。

以下に、選択肢ごとに説明します。

 1.重油の密度は、温度が上昇すると減少します。
   水だけは1℃→4℃の間だけ密度が上昇しますが、その後減少に転じます。

 2.密度の小さい重油は、密度の大きい重油より一般に引火点が低いです。
   密度が小さい重油は一般的に分子量が低く、揮発性も密度が大きい重油より高いため、引火点が低くなります。

 3.重油の比熱は、温度及び密度によって変わります。
   重油だけではなく、物質の比熱は、温度や密度で変化します。

 4.重油の粘度は、温度が上昇すると低くなります。
   物質にエネルギーが与えられて、動きが活発になるためです。

 5.密度の小さい重油は、密度の大きい重油より単位質量当たりの発熱量が大きくなる傾向にあります。

以上の説明により、選択肢1が誤っていることがわかります。

正答は「1」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。