過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第29180問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鋳鉄製ボイラーについて、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
暖房用蒸気ボイラーでは、原則として復水を循環使用する。
   2 .
重力式蒸気暖房返り管の取付けには、ハートフォード式連結法がよく用いられる。
   3 .
ウェットボトム形は、ボイラー底部にも水を循環させる構造となっている。
   4 .
ポンプ循環方式の蒸気ボイラーの場合、給水管の取付位置は、安全低水面以下150mm以内の高さにする。
   5 .
鋼製ボイラーに比べ、腐食に強いが強度は弱い。
( 二級ボイラー技士試験 平成28年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
42
評価しない
正解は 4 です。

ポンプ循環方式の蒸気ボイラーの場合、給水管の取付位置は、胴の下部です。安全低水面以下150mm以内の高さにするのは返り管です。

1 暖房用蒸気ボイラーは圧力が低いため蒸気が水に戻りやすいため復水を循環使用しやすいです。

2 ハートフォード式連結法では蒸気になってすぐに戻った水も回収できます。

3 ウェットボトム形に対して、ドライボトム形はボイラーの底部には水を循環させません。

5 鋼製ボイラーに比べ、強度は弱いため、高圧にはできません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
1.正解です。
暖房用蒸気ボイラーでは、原則として復水を循環使用します。復水とは、ボイラーから送り出された蒸気が機器内で凝縮し、給水系統に戻される水のことです。

2.正解です。
記載の通り、重力式蒸気暖房返り管の取付けには、ハートフォード式連結法がよく用いられます。

3.正解です。
ウェットボトム形は、ボイラー底部にも水を循環させる構造となっています。

4.誤っています。
ポンプ循環方式の蒸気ボイラーの場合、返り管の取付位置は、安全低水面以下150mm以内の高さにします。ウォータハンマを防止するためです。

5.正解です。
鋼製ボイラーに比べ、腐食に強いが強度は弱い特徴があります。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
1.正しいです。
復水を用いるので、水中にスラッジが溜まりにくくなります。

2.正しいです。
重力式蒸気暖房返り管の取付けには、ハートフォード式連結法がよく用いられます。

3.正しいです。
ウェットボトム形はボイラー底部にも水を循環させる構造となります。

4.誤っています。
ポンプ循環方式の蒸気ボイラーの場合、返り管の取付位置は、安全低水面以下150mm以内の高さにします。

5.正しいです。
鋼製ボイラーに比べ、腐食に強いが強度は弱いです。覚えておきましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。