過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第29191問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ボイラーに給水するディフューザポンプの取扱いについて、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
メカニカルシール式の軸については、水漏れがないことを確認する。
   2 .
運転前に、ポンプ内及びポンプ前後の配管内の空気を十分に抜く。
   3 .
起動は、吸込み弁及び吐出し弁を全開にした状態で行う。
   4 .
運転中は、ポンプの吐出し圧力、流量及び負荷電流が適正であることを確認する。
   5 .
運転を停止するときは、吐出し弁を徐々に閉め、全閉にしてからポンプ駆動用電動機を止める。
( 二級ボイラー技士試験 平成28年4月公表 ボイラーの取扱いに関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
30
評価しない
正解は 3 です。

起動は、吸込み弁は全開、吐出し弁は全閉にした状態で行います。

1 メカニカルシール式の軸の場合は水漏れがないことを確認し、グランドパッキンシール式の軸の場合はわずかに水が出ることを確認します。

2 ポンプ内及びポンプ前後の配管内に空気が残っているとポンプが壊れる恐れがあります。

4 運転中は、ポンプの吐出し圧力、流量及び負荷電流が適正であることを確認します。起動時に全閉だった吐出し弁を開く必要があります。

5 吐出し弁を全閉にせず、ポンプ駆動用電動機を先に停止するとポンプが壊れる恐れがあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
1.正解です。
メカニカルシール式の軸については水漏れがないことを確認します。

2.正解です。
起動する前に空気を抜かなければ、空運転が生じ、結果的には故障の原因になります。

3.誤っています。
起動時は、吸込み弁を全開にし、吐出し弁を全閉にした状態で行います。モーターが正常運転になったら、徐々に吐出し弁を開いていきます。

4.正解です。
運転中はポンプの吐出し圧力、流量及び負荷電流が適正であることを確認します。不適正であると、故障の原因になります。

5.正解です。
運転を停止するときは、吐出し弁を徐々に閉め、全閉にしてからポンプ駆動用電動機を止めます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.正しいです。
メカニカルシール式の軸については水漏れがないことを確認します。

2.正しいです。
空気があると空運転になるので、ポンプが焼損します。

3.誤っています。
吸込み弁は全開、吐出し弁を全閉にします。

4.正しいです。
記載の通りになります。

5.正しいです。
運転を停止するときは、吐出し弁を徐々に閉め、全閉にしてからポンプ駆動用電動機を止めます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。