過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第34295問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鋼製ボイラー( 小型ボイラーを除く。 )の水面測定装置について、次の文中の[   ]内に入れるAからCまでの語句の組合せとして、法令上、正しいものは( 1 )〜( 5 )のうちどれか。

「[ A ] 側連絡管は、管の途中に中高又は中低のない構造とし、かつ、これを水柱管又はボイラーに取り付ける口は、水面計で見ることができる[ B ]水位より[ C ]であってはならない。」
   1 .
A: 水   B: 最高  C: 上
   2 .
A: 水   B: 最低  C: 上
   3 .
A: 水   B: 最低  C: 下
   4 .
A: 蒸気  B: 最高  C: 上
   5 .
A: 蒸気  B: 最低  C: 下
( 二級ボイラー技士試験 平成30年4月公表 関係法令 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
正解は 2 です。

「水側連絡管は、管の途中に中高又は中低のない構造とし、かつ、これを水柱管又はボイラーに取り付ける口は、水面計で見ることができる最低水位より上であってはならない。」
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は2.です。

水側連絡管は、管の途中に中高又は中低のない構造とし、かつ、これを水柱管又はボイラーに取り付ける口は、水面計で見ることができる最低水位より上であってはなりません。

水面計は蒸気ボイラーに2個以上取り付けなければなりません。また、水面計は掃除・点検を常時行うことができる構造にしなければなりません。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正答は「2」です。

設問は、鋼製ボイラ( 小型ボイラを除く。 )の水面測定装置について問われています。

以下に説明します。

 設問については、ボイラー構造規格第71条第2項に記載されています。

 「水側連絡管は、管の途中に中高又は中低のない構造とし、かつ、これを水柱管又はボイラーに取り付ける口は、水面計で見ることができる最低水位より上であってはならない」

したがって、A欄には『水』、B欄には『最低』、C欄には『上』が入るため、選択肢2が正しいことがわかります。

正答は「2」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。