過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第42155問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ボイラーにおける燃料の燃焼について、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
燃焼には、燃料、空気及び温度の三つの要素が必要である。
   2 .
燃料を完全燃焼させるときに、理論上必要な最小の空気量を理論空気量という。
   3 .
燃焼ガスの成分割合は、燃料の成分、空気比及び燃焼の方法によって変わる。
   4 .
微粉炭を燃焼させる場合の空気比は、一般に気体燃料を燃焼させる場合より小さい。
   5 .
排ガス熱による熱損失を小さくするためには、空気比を小さくし、かつ、完全燃焼させる。
( 二級ボイラー技士試験 平成31年4月公表 燃焼及び燃焼に関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
21
評価しない
1.正解です。燃料、空気及び温度の三つの要素がそろわないと、燃焼は起こりません。

2.正解です。ちなみに実際に消費した空気量を実際空気量といい、理論空気量よりも大きな値となります。

3.正解です。記載の通りです。

4.誤っています。微粉炭を燃焼させる場合の空気比は、一般に気体燃料を燃焼させる場合より大きくなります。

5.正解です。排ガス熱による熱損失を小さくするためには、空気比を小さくし、かつ、完全燃焼させる必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正答は「3」です。

1. 燃焼を継続させるには、燃料、空気及び温度の三つの要素が必要です。
 これを「燃焼の三要素」と呼びます。

2. 燃料を完全燃焼させるために、理論上において必要最小の空気量を理論空気量といいます。
 実際に燃料を完全燃焼させるためには、理論空気量より少し多めの空気を必要とします。

3.燃焼ガスの成分割合は、燃料の成分(炭素以外に窒素、硫黄など)、空気比(窒素や酸素の量)及び燃焼の方法(二段燃焼法)によって変わります。
 当然、硫黄分が多くなれば硫黄酸化物が、不完全燃焼が起こると一酸化炭素が増えることになりその時の条件によって燃焼ガスの成分が変化します。

4.微粉炭を燃焼させる場合の空気比は、一般に気体燃料を燃焼させる場合より大きくなります。
 これは、体積あたりに含まれる炭素などの燃焼成分が気体燃料に比べ微粉炭のほうが大きいため、完全燃焼させるための酸素の必要量も大きくなるためです。

5.排ガス熱による熱損失を小さくするためには、空気比をできる限り小さくして余分な冷たい空気へ熱を奪われないようにして、完全燃焼させることによって燃料の持つ発熱量を最大限利用することになります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.正しいです。
記載の通りなので、覚えておきましょう。

2.正しいです。
また、実際に使用した空気量を実際空気量といいます。

3.正しいです。
燃焼ガスの成分割合は燃料の成分、空気比及び燃焼の方法によって変わります。

4.誤っています。
微粉炭を燃焼させる場合の空気比は、一般に気体燃料を燃焼させる場合より大きくなります。

5.正しいです。
不要な空気量を減らし、尚且つ完全燃焼することにより、排ガス熱による熱損失を小さくします。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。