過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第42157問」を出題

問題

[ 設定等 ]
油だきボイラーの燃焼室が具備すべき要件として、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
バーナの火炎が伝熱面や炉壁を直射しない構造であること。
   2 .
燃料と燃焼用空気との混合が有効に、かつ、急速に行われる構造であること。
   3 .
炉壁は、空気や燃焼ガスの漏入・漏出がなく、放射熱損失の少ない構造であること。
   4 .
燃焼室は、燃焼ガスの炉内滞留時間が燃焼完結時間より短くなる大きさであること。
   5 .
バーナタイルを設けるなど、着火を容易にする構造であること。
( 二級ボイラー技士試験 平成31年4月公表 燃焼及び燃焼に関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
1.正解です。バーナの火炎が伝熱面や炉壁を直射すると、故障の原因となり、ボイラーの寿命が短くなります。

2.正解です。記載の通りです。

3.正解です。空気や燃焼ガスの漏入・漏出があると、爆発の危険性があります。

4.誤っています。燃焼室は、燃焼ガスの炉内滞留時間が燃焼完結時間より長くなければいけません。

5.正解です。バーナタイルを設けることで、着火が容易になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正答は「4」です。

1.バーナの火炎が伝熱面や炉壁を直射してしまうと、伝熱面や炉壁を損傷させてしまいます。
 したがって、火炎が伝熱面及び炉壁に直射しない構造であることが、バーナには求められます。

2.燃料と燃焼用空気が混合すると爆発混合気が生成されます。混合気の状態では爆発の危険をはらむたるため、この段階が急速に行われる構造であることが必要になります。

3.炉壁の空気や燃焼ガスの漏入・漏出は燃焼効率の悪化や爆発混合気及び有害な燃焼ガスの炉外放出の可能性があるため大変危険です。
 また、熱効率の観点から、炉壁には放射熱損失の少ない構造であることが求められます。

4.燃焼室は、炉内で燃焼を完結させる必要性から、燃焼ガスの炉内滞留時間が燃焼完結時間より長くなる大きさであることが求められます。

5.バーナタイルは熱せられるとこれが着火源となるため、失火を防ぐことができます。
 このため、バーナタイルを設けるなどして、着火を容易にする構造であることが求められます。

上記解説より、選択肢4が誤りとなります。

正答は「4」です。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1.正しいです。
直射する構造だと、破損に繋がります。

2.正しいです。
燃料と燃焼用空気との混合が急速に行われる構造でなければなりません。

3.正しいです。
記載の通りになります。

4.誤っています。
燃焼室は燃焼ガスの炉内滞留時間が燃焼完結時間より長くなる大きさになります。

5.正しいです。
着火を容易にする構造にしましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。