過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問 平成31年4月公表 燃焼及び燃焼に関する知識 問29

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
ボイラー用ガスバーナについて、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
ボイラー用ガスバーナの燃焼方式には、拡散燃焼方式と予混合燃焼方式とがある。
   2 .
予混合燃焼方式のガスバーナは、逆火の危険性が低いため、大容量のボイラーに用いられる。
   3 .
センタータイプガスバーナは、空気流の中心にガスノズルを有し、先端からガスを放射状に噴射する。
   4 .
リングタイプガスバーナは、リング状の管の内側に多数のガス噴射孔を有し、ガスを空気流の外側から内側に向けて噴射する。
   5 .
マルチスパッドガスバーナは、空気流中に数本のガスノズルを有し、ガスノズルを分割することによりガスと空気の混合を促進する。
( 二級ボイラー技士試験 平成31年4月公表 燃焼及び燃焼に関する知識 問29 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
18
評価しない
1.正解です。
拡散燃焼方式は、燃料ガスと空気を別々でバーナに供給します。予混合燃焼方式は、燃料ガスに空気を混合させてから燃焼させます。

2.誤っています。1で説明しましたが、拡散燃焼方式は、燃料ガスと空気を別々でバーナに供給するので、バーナ内部で混合気として排出するわけではありません。逆に、予混合燃焼方式は、バーナ内部で燃料ガスに空気を混合させてから排出し燃焼させるので、逆火のおそれがあります。

3,4,5.正解です。記載の通りになります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正答は「2」です。

1.ボイラー用ガスバーナの燃焼方式には、拡散燃焼方式と予混合燃焼方式の2種類があります。
 拡散燃焼方式は燃料と空気を別の配管でバーナに供給する方式で、予混合燃焼方式は燃料と空気を同じ配管で供給します。
 予混合燃焼方式は、ご家庭にあるガス台を想像していただければおわかりいただけるかと思います。

2 . 予混合燃焼方式のガスバーナは、予め燃料と空気を混合してバーナに供給するという構造上、逆火の危険性が高いために、大容量のボイラーに適用させるのは難しいものとなっています。

3 . センタータイプガスバーナは、空気流の中心にガスノズルを有しており、先端からガスを放射状に噴射するタイプのバーナです。

4 . リングタイプガスバーナは、リング状の管の内側に多数のガス噴射孔を有し、ガスを空気流の外側から内側に向けて噴射するタイプのバーナです。

5 . マルチスパッドガスバーナは、空気流中に数本のガスノズルを有し、ガスノズルを分割することによりガスと空気の混合を促進するタイプのバーナです。

以上の説明より、選択肢2が誤りであることがわかります。

正答は「2」です。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
1.正しいです。
拡散燃焼方式の方が一般的に使用されます。

2.誤っています。
予混合燃焼方式のガスバーナは、逆火の危険性が高いため、小容量のボイラーに用いられます。

3.4.5.正しいです。
センタータイプガスバーナ、リングタイプガスバーナ、マルチスパッドガスバーナについての説明です。覚えておきましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。