過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問「第46328問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ボイラー各部の構造及び強さについて、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
胴板には、内部の圧力によって引張応力が生じる。
   2 .
胴板に生じる応力について、胴の周継手の強さは、長手継手の強さの2倍以上必要である。
   3 .
だ円形のマンホールを胴に設ける場合には、短径部を胴の軸方向に配置する。
   4 .
皿形鏡板は、球面殻、環状殻及び円筒殻から成っている。
   5 .
炉筒は、鏡板で拘束されているため、燃焼ガスによって加熱されると炉筒板内部に圧縮応力が生じる。
( 二級ボイラー技士試験 令和元年10月公表 ボイラーの構造に関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
1.正解です。
胴板は、ボイラーで暖められた蒸気圧力で内部から押し広げる力が加わります。

2.誤っています。
胴の長手継手の強さは胴の周継手の強さの2倍以上になります。選択肢の内容と逆になります。

3.正解です。
設問の通りです。覚えておきましょう。

4.正解です。
鏡板は他にも、平鏡板、半だ円体形鏡板、全半球形鏡板があります。

5.正解です。
圧縮応力が生じるので、炉筒に伸縮継手を設けます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正答は「2」です。

設問は、ボイラ各部の構造及び強さについてです。

 水が胴内で蒸気になる仕組みのボイラ(煙管ボイラなど)は、胴の内側から外側に向けての引張応力がかかります。
 これは水管ボイラのドラムや水管も同様です。
 この引張応力は、胴の円周方向より軸方向にかかる力のほうが強いため、胴の長手継手の強さは、周継手の強さの2倍以上必要になります。
  楕円形のマンホールを胴に設ける場合には、楕円の短径部を胴の軸方向に配置します。
 これも胴の軸方向にかかるに力のほうが強いため、マンホールの縁にかかる応力をできるだけ小さくするためです。

 鏡板とは、胴又はドラムの両端を覆っている部分をいいます。
 鏡板はその形状によって、平鏡板、皿形鏡板、半楕円体形鏡板、全半球形鏡板の4種類に分けられます。
 鏡板の強度は平面から球形に近づくほど高く、平鏡板<皿形鏡板<半楕円体形鏡板<全半球形鏡板の順に強度が高くなります。
 皿形鏡板はその名の通り皿のような形で、球面殻、環状殻及び円筒殻から成り立っています。
 
 炉筒ボイラや炉筒煙管ボイラの炉筒は、鏡板で拘束されているため、燃焼ガスによって加熱されると、炉筒周囲にあるボイラ水の圧力上昇にともなって炉筒の外側から内側に向かって圧縮応力がかかることになります。 

以上の説明により、選択肢2が誤っていることがわかります。

正答は「2」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。