過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

賃貸不動産経営管理士「平成27年度(2015年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 40
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 40
クリア
[ 設定等 ]
賃貸不動産の管理は、誰のために、どのように行っていくべきかに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
   1 .
投資家を含めた貸主の収益安定が最大限求められる時代の中で形成されてきた賃貸不動産管理の概念を踏まえれば、投資家を含めた貸主の賃貸経営のためという視点を基本にすえるべきである。
   2 .
賃貸不動産の適切な利用が促進されることは、入居者・利用者の利益でもあるので、貸主の利益のみならず、入居者・利用者にも配慮した賃貸不動産管理を行うべきである。
   3 .
賃貸不動産は、不動産として、その周辺の環境や街並み形成等に資するものとして、広く公共の福祉にも貢献するものであるので、貸主の利益だけでなく、地域社会との関係にも配慮した賃貸不動産管理を行うべきである。
   4 .
もともと賃貸不動産の管理は、貸主の賃貸経営のためという視点が強調されてきた経緯があるので、今日においても、貸主からの委託に基づき、賃料収納を中心に、もっぱら貸主の利益を確保するために行うべきである。
( 賃貸不動産経営管理士試験 平成27年度(2015年) )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
1.正しい。貸主の中には投資家を含むと考えられます。賃貸経営とは、収益の安定化、最大化が求められますので、投資と考えるのも真っ当と言えます。



2 . 正しい。貸主の利益だけを追求するのではなく、入居者や利用者にも配慮が必要とされています。


3 . 正しい。貸主の一方的な利益の追求は周辺の環境や街並み形成を阻害しかねません。
したがって、本肢の通り地域社会の関係にも配慮した賃貸不動産管理が必要です。

4 . 誤り。歴史を紐解けば、賃貸不動産経営は貸主の利益が強調されてきた部分がありますが、今日においては、借主等(入居者及び利用者)の利益にも配慮すべきとされております。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
1.賃貸不動産管理の大前提として、
投資家を含めた貸主の賃貸経営のための収益性確保は至上命題であり、
賃貸不動産管理の基本スタンスである一方、
賃貸不動産経営管理の観点からは消費者である借主の保護も留意する必要があります。

2.賃貸不動産の適切な利用が促されることにより、
貸主の利益のみならず、居住環境の面からも入居者・利用者の利益にもなります。

3.賃貸不動産は周辺の環境やコミュニティー形成の観点から、
地域社会の意向や関係にも十分適応した管理が求められます。

4.賃貸不動産管理の目的は貸主の利益確保だけではなく、
地域社会との融合や環境に配慮した管理が求められます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この賃貸不動産経営管理士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。