過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

賃貸不動産経営管理士「平成28年度(2016年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 40
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 40
クリア
[ 設定等 ]
賃貸不動産管理の意義に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
   1 .
今日、あらゆる分野において消費者保護の要請が高まっているが、個人である借主を消費者と位置づけて、消費者保護の観点から不動産賃貸借をとらえようとする動きは、まだ活発化していない。
   2 .
賃貸不動産の管理を行う上で配慮すべき入居者、利用者とは、当該賃貸不動産の借主であり、貸主との契約関係にある者に限られる。
   3 .
優良な借主に長く契約を継続してもらうというニーズが大きくなっており、借主の立場を重視した賃貸不動産の管理のあり方が要請されている。
   4 .
コンプライアンスの観点から見ると、管理業者は、貸主や借主との関係において、もっばら契約に明示的に規定された事項を遵守することに務めるべきである。
( 賃貸不動産経営管理士試験 平成28年度(2016年) )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
正解は3です。

1 .不適切です。
個人である借主を消費者と位置づけて、消費者保護の観点から不動産賃貸借をとらえようとする動きが活発化してきています。

2 .不適切です。
賃貸不動産の管理を行う上で配慮すべき入居者、利用者とは、貸主との契約関係にある者に限られず、例えば、その賃貸不動産に借主と同居する家族や将来の入居者なども含まれます。

3 .適切です。
既存の賃貸物件の所有者の賃貸経営の立場からできるだけ長く契約を継続してほしいというニーズが高まっており、よって、借主の立場を重視した賃貸不動産の管理のあり方が求められています。

4 .不適切です。
コンプライアンスの観点から見ると、管理業者は、貸主や借主との関係において、もっぱら契約に明示的に規定された事項を遵守するだけではなく、社会常識や契約の趣旨から導き出される業務の遂行に務めるべきです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3です。

1 .不適切です。
貸主を事業者、個人である借主を消費者と位置づけて、消費者保護の観点から不動産賃貸借をとらえようとする動きは活発化してきています。
原状回復についてや、敷金の取り扱いなど、国交省からガイドライン等が出てきました。

2 .不適切です。
賃貸不動産の管理を行う上で配慮すべき入居者、利用者とは、借主の同居人なども含まれます。

3 .適切です。
現在は、新規物件の大量供給や経済情勢の変動の中で、借り手市場となっています。空室対策に苦しむ貸主も少なくありません。入居率を確保し賃貸収入を確保するためには、できるだけ優良な入居者・テナントに長く借りてもらうことが望ましく、借主の立場を重視した管理のあり方が必要とされています。


4 .不適切です。
コンプライアンスへの取り組みは、社会的責任を果たすことによって、様々なリスクを減らし、事件・事故のダメージによる損失を抑えることにつながります。賃貸不動産の管理についても、法令遵守だけでなく、社会的倫理を守る事も重要です。契約書に明示的に規定された事項のみの遵守に務めるだけでは不足すると考えられます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この賃貸不動産経営管理士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。