過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

賃貸不動産経営管理士「平成30年度(2018年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 40
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 40
クリア
[ 設定等 ]
管理業者の社会的責務と役割に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。
   1 .
管理業者は、投資家や貸主の意向に追随するだけの存在ではなく、貸主と借主との間、又は投資家その他の利害関係人との間に入り、専門的知識とノウハウを駆使して中立公平に利害調整を行って、不動産の適切な活用を促進する存在であることが求められる。
   2 .
不動産証券化においてアセットマネージャーが説明・情報開示責任を果たすために必要な情報は、管理業者の情報を基礎とするので、管理業者としては、特に投資家のために、透明性の高い説明と報告をする役割を担っている。
   3 .
賃貸不動産を良質な状態で長く利用するためには、その所在する環境も重要な要素となることから、管理業者は、街並み景観の維持を含むまちづくりにも貢献していく社会的責務を負っている。
   4 .
資産運営のプロとしての役割を果たすためには、貸主の自主管理や一部委託管理といった伝統的な管理体制だけではなく、貸主の不動産経営を総合的に代行する専門家としての体制を備えることが要請される。
( 賃貸不動産経営管理士試験 平成30年度(2018年) )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解は2です。


1、適切です。
管理業者は、投資家や貸主の意向に沿うばかりでなく、借主やその他の利害関係人との間に入り、専門的知識とノウハウを駆使し、公正で中立な立場で職務を行い、不動産の適切な活用を促進することが必要です。

2、不適切です。
管理業者の報告は、投資家のためだけでなく、貸主のためでもあります。
 
3、適切です。
賃貸不動産は、他の建物や公共施設、周辺環境等と一体となってひとつの地域を形成し、街並み景観等をつくっています。その所在する環境の適正な管理や提案をすることにより、街並み景観の維持を含むまちづくりにも貢献していく社会的責務を負っています。また賃貸不動産を良質な状態で長く利用するためにもなっています。

4、適切です。
貸主の自主管理や一部委託管理(家賃集金、建物管理等)といった伝統的な管理体制だけではなく、貸主の不動産経営を総合的(不動産の資産、財産としての運用・管理等)に代行する専門家としての体制を備えることが要請されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この賃貸不動産経営管理士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。