過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

賃貸不動産経営管理士「令和元年度(2019年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 40
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 40
クリア
[ 設定等 ]
住生活基本法に基づき 2016(平成 28 )年 3 月 18 日に閣議決定された住生活基本計画の目標として掲げられている次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
結婚・出産を希望する若年世帯・子育て世帯が安心して暮らせる住生活の実現
   2 .
高齢者が自立して暮らすことができる住生活の実現
   3 .
住宅の確保に特に配慮を要する者の居住の安定の確保
   4 .
新築住宅の建設促進による安全で質の高い住宅ストックの形成
( 賃貸不動産経営管理士試験 令和元年度(2019年) )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない
2016年(平成28年)3月18日に閣議決定された住生活基本計画(以下、「同計画」)は、少子高齢化と人口減少を住宅政策上の諸問題の根本的な要因と捉えた上で、弊害の除去のための目標を次の8つに整理しています。

【居住者からの視点】
① 結婚・出産を希望する若年世帯・子育て世帯が安心して暮らせる住生活の実現
② 高齢者が自立して暮らすことができる住生活の実現
③ 住宅の確保に特に配慮を要する者の居住の安定の確保

【住宅ストックからの視点】
④ 住宅すごろくを超える新たな住宅循環システムの構築
⑤ 建替えやリフォームによる安全で質の高い住宅ストックへの更新
⑥ 急増する空き家の活用・除却の推進

【産業・地域からの視点】
⑦ 強い経済の実現に貢献する住生活産業の成長
⑧ 住宅地の魅力の維持・向上


肢1 誤っているとはいえない
 結婚・出産を希望する若年世帯・子育て世帯が安心して暮らせる住生活の実現は、目標①として掲げられています。同計画は、若年・子育て世帯がその状況に応じて必要な住宅に居住できるよう支援し、希望出生率1.8を実現することを目指しています。

肢2 誤っているとはいえない
 高齢者が自立して暮らすことができる住生活の実現は、目標②として掲げられています。同計画は、住宅のバリアフリー化やヒートショック対策を推進するとともに、「新たな高齢者向け住宅のガイドライン」の創設をも見据えています。

肢3 誤っているとはいえない
 住宅の確保に特に配慮を要する者の居住の安定の確保は、目標③として掲げられています。同計画は、住宅を市場において自力で確保することが難しい低額所得者、高齢者、障害者、ひとり親、多子世帯等の子育て世帯、生活保護受給者、外国人、ホームレス等(住宅確保要配慮者)も、安心して暮らせる住宅を確保できる環境を実現するため、空き家の活用や公的賃貸住宅の適切な供給等の政策を推進するとしています。

肢4 誤っている
 新築住宅の建設促進による安全で質の高い住宅ストックの形成は、同計画の目標として掲げられていません。むしろ、同計画は住宅ストック数につき、「戸数的には充足」しているという認識を示した上で、既存住宅流通等の住宅ストック活用型市場への転換の遅れを問題視しています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この賃貸不動産経営管理士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。