過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

賃貸不動産経営管理士「令和2年度(2020年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 50
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 50
クリア
[ 設定等 ]
不動産業に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
   1 .
日本標準産業分類(平成25年10月改定)によれば、賃貸住宅管理業は、不動産賃貸業・管理業に区分される。
   2 .
賃貸住宅管理業を分譲マンション管理業と比較すると、管理の委託者、管理を行う建物の範囲に違いがある一方、ビル管理業と比較すると、管理する建物の用途が異なるだけで、管理業務の内容に違いはない。
   3 .
「不動産業ビジョン2030~令和時代の『不動産最適活用』に向けて~」(国土交通省平成31年4月24日公表)は、ストック型社会の実現に向けて、今後、不動産管理業者は、『不動産最適活用』を根源的に支える役割を担うと位置づけた。
   4 .
人口減少・成熟型社会の不動産賃貸業・管理業では、入居者の入れ替えに伴って得られる新規入居者からの一時金収入、賃料引上げや手数料収入に期待する考え方ではなく、できるだけ優良な借主に長く借りてもらうことが大切になっている。
( 賃貸不動産経営管理士試験 令和2年度(2020年) )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解 2

本問は賃貸管理業の昨今の社会的情勢を問う問題です。「日本産業分類」や「不動産業ビジョン」など過去問にない用語が登場していますが、特にそういった知識を問うているのではなく、初見でも文脈から明らかに不適切なものが類推できるようになっています。

肢1 適切
日本標準産業分類(平成25年10月改定)では不動産業を「不動産取引業」と「不動産賃貸業・管理業」に大別しています。
「不動産取引業」には土地建物の売買およびその代理・媒介、「不動産賃貸業・管理業」には不動産賃貸業、貸家、駐車場業、不動産管理業が含まれます。

肢2 不適切
住宅を管理する賃貸住宅管理業と、オフィスや店舗など事業を目的とする物件を管理するビル管理業では、建物・設備や賃借人の使用の様態は大きく異なります。投資案件の場合には、定期的に行う報告なども賃貸住宅管理の場合より詳細なものが求められます。

肢3 適切
昨今の政策として、人口減少・空き家問題が浮き彫りになる中で、単に住宅やビル等の供給量を確保するだけでなく、良質の既存建物を活用する「ストック型社会」の実現が重要視されています。

肢4 適切
既存建物の賃貸経営的な視点からは、優良な借主に長く契約を継続してもらうというニーズが大きくなっており、借主の立場を重視した管理が要請されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この賃貸不動産経営管理士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。