過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

賃貸不動産経営管理士の過去問を「全問」ランダムに出題

問題

不動産証券化と管理業者の役割に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
   1 .
不動産証券化とは、不動産の権利を証券に結びつけることを前提にして、不動産投資と不動産事業の管理運営をマネジメントする仕組みである。
   2 .
不動産証券化において、プロパティマネージャーは投資一任の業務や投資法人の資産運用業務など投資運用を行うので、投資運用業の登録が必要である。
   3 .
不動産証券化においてプロパティマネージャーの行う調査・提案業務は、投資家が多数であり、そのメンバーは常に入れ替わる可能性があるため、不特定の相手方に対する論理的な説得力が必要である。
   4 .
中・長期的な改修・修繕の計画を策定し、実施する業務であるコンストラクションマネジメントは、プロパティマネジメント業務においても、取り入れられつつある。
( 賃貸不動産経営管理士試験 令和2年度(2020年) 問50 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
9
評価しない
正解 2

肢1 適切
不動産証券化とは、不動産の権利を証券として発行して資金調達を行い、不動産投資と不動産事業の管理運営をマネジメントする仕組みです。

肢2 不適切
不動産証券化において、投資一任の業務や投資法人の資産運用業務など投資運用を行うのはアセットマネジャーであり、アセットマネジメント業務を行うために投資運用業の登録が必要です。プロパティマネージャーは実際の物件の管理を行うため、投資運用業の登録は必要ありません。

肢3 適切
不動産を証券化、小口化することで、1つの物件に対して多数の投資家が投資に参入することができます。そして、そのメンバーは常に入れ替わる可能性があります。したがって、プロパティマネージャーの行う調査・提案業務は不特定の相手方に対する論理的な説得力が必要です。

肢4 適切
単なる物件の維持管理だけでなく、中・長期的な視点で改修・修繕を計画し、投資家に積極的に提案するコンストラクションマネジメントがプロパティマネジメント業務において取り入れられています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

<正解> 2

<解説>

1.【適切】

記載の通りです。不動産証券化とは、不動産の権利を証券に結びつけることを前提にして、不動産投資と不動産事業の管理運営をマネジメントする仕組みです。

2.【不適切】

不動産証券化において、アセットマネージャーは投資一任の業務や投資法人の資産運用業務など投資運用を行うので、投資運用業の登録が必要です。

よって「プロパティマネジメントは」とする本肢は不適切です。

3.【適切】

記載の通りです。不動産証券化においてプロパティマネージャーの行う調査・提案業務は、投資家が多数であり、そのメンバーは常に入れ替わる可能性があるため、不特定の相手方に対する論理的な説得力が必要です。

4.【適切】

記載の通りです。中・長期的な改修・修繕の計画を策定し、実施する業務であるコンストラクションマネジメントは、プロパティマネジメント業務においても、取り入れられつつあります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この賃貸不動産経営管理士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。