過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

賃貸不動産経営管理士「平成28年度(2016年)」の過去問をランダムに出題

問題

保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
   1 .
地震保険に加入する際には、主契約の火災保険と同額の保険金額で加入する必要がある。
   2 .
火災保険は、保険の中で、賃貸不動産管理の経営に特に関係の深い保険のひとつである。
   3 .
保険は、保険会社の商品によって特性が異なり、補填の対象と限度も異なっている。
   4 .
保険とは、万ーの事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度である。
( 賃貸不動産経営管理士試験 平成28年度(2016年) )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
正解は1です。

1 .不適切です。
地震保険の保険金額は主契約の火災保険の保険金額の30 ~ 50%以内の範囲内(建物5,000万円、家財1,000万円が限度)で設定します。そのため、主契約の火災保険と同額の保険金額で地震保険に加入することはできません。

2 .適切です。
火災保険は賃貸不動産経営においてかかせない保険となっています。

3 .適切です。
火災保険は保険会社によって、その商品の特徴が異なり、補填の対象と限度が異なっています。

4 .適切です。
保険は、万ーの事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いのシステム(制度)です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解(不適切なもの)は、1です。

全ての選択肢について公式テキスト第8章賃貸業への支援業務.第2章各論.Ⅳ保険に記載されています。

1 誤り。
地震保険は火災保険に付帯して加入しますが、保険金額は火災保険の30%~50%の範囲内です。したがって、選択肢は誤りです。

2 正しい。
火災保険は保険業法上の第二分野、つまり損害保険に分類され、賃貸不動産管理の経営に関係が深いです。したがって、選択肢は正しいです。

3 正しい。
保険は、保険会社の商品によって、特性が異なり、どの危険に対してどの範囲で補填がなされるのかは必ずしも同一ではないため、保険についての理解を深めることが大切です。したがって、選択肢は正しいです。

4 正しい。
保険は万が一の事故に対して備える相互扶助の精神からうまれた助け合いの制度であり、さまざまな事故や災害から生命や財産を守るためのものです。したがって、選択肢は正しいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この賃貸不動産経営管理士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。