過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

賃貸不動産経営管理士「平成29年度(2017年)」の過去問をランダムに出題

問題

換気設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
   1 .
シックハウス症候群の原因となる揮発性有機化合物(VOC)の除去対策として、すべての住宅は、24時間稼働する機械換気設備の設置が義務付けられている。
   2 .
機械換気方式は、換気扇や送風機等の機械を利用して強制的に換気する方式のことである。
   3 .
シックハウス症候群は、建材や家具、日用品等から発散するホルムアルデヒドや揮発性有機化合物(VOC)等が原因だと考えられている。
   4 .
自然換気方式は、室内と室外の温度差による対流や、風圧等の自然条件を利用した換気方式のことである。
( 賃貸不動産経営管理士試験 平成29年度(2017年) )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
正解は1です。

1 .不適切です。
シックハウス症候群の原因となる揮発性有機化合物(VOC)の除去対策として、ごく一部の例外を除いて、24時間稼働する機械換気設備の設置が義務付けられています。すべての住宅について義務付けはされていないです。

2 .適切です。
換気扇や送風機等の機械を利用して強制的に換気する方式のことを機械換気方式といいます。

3 .適切です。
シックハウス症候群の原因としては建材や家具、日用品から発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレン等の揮発性の有機化合物)等が考えられています。

4 .適切です。
室内と室外の温度差による対流や、風圧等の自然条件を利用し、機械によらない換気方式のことを自然換気方式といいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は1です。

1、不適切です。
24時間換気設置義務化は2003年から施行開始されました。『すべての新築住宅を建築する場合』は、この24時間換気システムの設置が義務化されいます。シックハウス対策のひとつです。

2、適切です。
機械換気方式とは、換気扇や送風機等を利用して強制的に行う換気方式です。第一種、第二種、第三種と方式があり、換気を行う場所、目的等に応じて、最適な方式を選びます。

3、適切です。
建材だけではなく、家中の家具や日用品からのホルムアルデヒドや揮発性有機化合物(VOC)等が原因だと考えられています。また、高気密・高断熱の住宅が作られるようになり、自然換気が難しくなっている事も要因です。

4適切です。
自然換気方式は、室内と室外の温度差による対流や、風圧等の自然条件を利用した換気方式のことです。昔の日本家屋では、軒下を流れる風や、壁のすきまから入る風、大きな襖や障子によって、自然換気が行われていました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この賃貸不動産経営管理士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。