過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

賃貸不動産経営管理士「令和元年度(2019年)」の過去問をランダムに出題

問題

保険に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。
   1 .
保険とは、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度である。
   2 .
賃貸不動産の経営において最も有用な保険は、保険業法上の「第二分野」に分類される損害保険である。
   3 .
地震、噴火又はこれらによる津波を原因とする建物や家財の損害を補償するものは地震保険と呼ばれ、現在の扱いにおいては、他の保険に関係なく単独で加入することができる。
   4 .
保険について貸主や借主に適切なアドバイスができるようにしておくことは、賃貸管理に係る支援業務のひとつである。
( 賃貸不動産経営管理士試験 令和元年度(2019年) )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない

正解は3です。

1→【正しい】記載のとおりです。万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度です。

2→【正しい】賃貸不動産の経営において最も有用な保険は、保険業法上の「第二分野」に分類される損害保険です。第一分野は生命保険、第二分野は損害保険、第三分野はその中間的位置づけで障害・医療・がん保険等があります。

3→【誤り】地震保険とは、火災保険に附帯して加入することができる為、単独での加入はできません。

4→【正しい】自然災害による損害等に備えるため、貸主や借主に適切なアドバイスができるようにしておくことは、賃貸管理に係る支援業務のひとつです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

正解 3

肢1 適切

保険とは、一定の保険料を公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度です。

肢2 適切

保険には第一分野「生命保険」、第二分野「損害保険」、第三分野としてその中間の保険(傷害保険、医療保険など)が存在し、賃貸不動産の経営において最も有用な保険は、建物やその付帯設備、家財などにかける「損害保険」です。

肢3 不適切

地震保険は火災保険に付帯して加入する保険で、単独の加入はできません。

肢4 適切

賃貸人、賃借人いずれも保険には加入するのが一般的であるため、適切なアドバイスができるようにしておくことは、賃貸管理に係る支援業務のひとつです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この賃貸不動産経営管理士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。