過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調剤報酬請求事務技能認定試験の過去問 | 予想問題 2021年10月公開問題 問5

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
お薬手帳について、正しい記述を選びなさい。
   1 .
手帳に記録する薬剤の情報は、副作用が懸念されるものだけで構わない。
   2 .
電子版の手帳については、要件を満たしていても、紙媒体の手帳とは違う。
   3 .
調剤基本料1を算定する薬局に、3ヶ月以内にお薬手帳を持参した場合、一部負担金は安くなる。
   4 .
災害時の避難や救急搬送の時は、緊急時なのでお薬手帳は持参しない。
   5 .
保険薬剤師は、お薬手帳は確認せずに、急いで調剤する。
( 調剤報酬請求事務の過去問/予想問題 2021年10月公開問題 保険薬局業務 問5 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (2件)

3

正解は3です。

お薬手帳とは飲んでいる薬の情報を記録できる手帳で、紙媒体と電子媒体とがあります。

次の事項を経時的に記録することができます。

・患者氏名、生年月日、連絡先

・アレルギー歴、副作用歴

・主な既往歴

・日常的に使用する保険薬局名称、住所、保険薬剤師の連絡先

また、調剤基本料1を算定する薬局に、3か月以内にお薬手帳を持参したときは、

薬剤服用歴管理指導料が57点から43点になります。

各選択肢については以下の通りです。

1.誤りです。副作用以外の薬剤や既往歴なども経時的に記録します。

2.誤りです。先にあるように媒体は紙と電子があり、要件を満たしていれば同様の扱いとします。

4.誤りです。手帳から得られる情報は有用なため、緊急時にも持参します。

5.誤りです。保険薬剤師はお薬手帳を確認した上で、急いで調剤をします。

付箋メモを残すことが出来ます。
2

正解は3番です。

お薬手帳(以下「手帳」)とは、服用した薬剤や次の項目を経時的に記録できる手帳をいいます。

・患者の氏名、生年月日、連絡先等患者に関する記録

・患者のアレルギー歴、副作用歴等薬物療法の基礎となる記録

・患者の主な既往歴等疾病に関する記録

・患者が日常的に利用する保険薬局の名称、保険薬局又は保険薬剤師の連絡先等

調剤基本料1の薬局に前回から3ヶ月以内に手帳を持参すると、薬剤服用歴管理指導料の点数が57点→43点となり、患者の負担金は安くなります。

また手帳は、医師、薬剤師や救急隊員などが適切な医療情報を得られるので速やかな判断に役立ちます。災害時も持参するといいでしょう。最近は電子版のお薬手帳も普及しており、要件を満たしていれば紙媒体と同様に使用できます。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この調剤報酬請求事務技能認定試験 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。