過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP2級の過去問 2022年1月 実技 問64

問題

このページは問題閲覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
下記<資料>に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、小数点以下第3位を四捨五入している。

<資料>
株価:6,280円
1株当たり利益:340円
1株当たり純資産:4,850円
1株当たり年間配当金:100円

・配当利回りは、( ア )%である。
・PER(株価収益率)は、( イ )倍である。
   1 .
ア:1.36  イ:14.26
   2 .
ア:1.59  イ:18.47
   3 .
ア:2.06  イ:14.26
   4 .
ア:5.41  イ:18.47
( FP技能検定2級 2022年1月 実技 問64 )
このページは問題閲覧ページの為、解答履歴が残りません。
解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

0

正解はです。

配当利回りとは、株価に対する年間配当金の割合を示す指標のことです。

1株当たり年間配当金÷株価×100」で求めることができます。

資料によると

1株当たり年間配当金:100円

株価:6,280円

上記数字を公式に当てはめます。

100円÷6,280円×100=1.5923…

小数点以下第3位を四捨五入して「1.59

PER(株価収益率)とは、「Prisyce Earnings Ratio」の頭文字をとったもので、株価がEPS(1株当たり純利益)の何倍の価値になっているかを示す指標のことです。

「株価÷1株当たり純利益」で求めることができます。

資料によると

株価:6,280円

1株当たり利益:340円

上記数字を公式に当てはめます。

6,280円÷340円=18.470…

小数点以下第3位を四捨五入して「18.47

よって、「 2 .ア:1.59 イ:18.47」が正解となります。

付箋メモを残すことが出来ます。
0

【金融資産運用:株式投資】

についての問題です。

配当利回り=1株当たり年間配当金÷株価×100で算出します。

 100円÷6,280円×100≒1.592%

配当利回りは株価に対する年間配当金の割合を示す指標です。

株価が下落すると、配当利回りは上昇します。

▶PER=株価÷EPS(1株当たりの純利益)で算出します。

 6,280円÷340円≒18.47倍

PERは株価がEPSの何倍かを示す指標です。

PERが高いと株価は割高、低いと割安となります。

また、株価が上昇するとPER値も高くなります。

0

正解はです。

 公式を覚えましょう。

◎配当利回り=1株当たり年間配当金÷株価×100

これに当てはめると..

100÷6280×100=1.592...

≒1.59%

◎PER(株価収率)=株価÷1株当たり当期純利

これに当てはめると..

6280÷340=18.470...

≒18.47倍

→PERが低いほど、株価は割安と判断されます。

PBRの式と混ざって分からなくなってしまうので、のあるなしで覚えています;

ちなみに

◎PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株当たり純資産

→1株当たりの純資産に対して、何倍の株価で株が買われているのかがわかるので、会社の資産に対して株価が高いのか低いのかが分かります。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このFP2級 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。