過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11206問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、日本の人口動態統計やその解釈に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
 1 . 
出生数は平成23年が約105万人であり、昭和48年の約209万人以降、減少傾向がみられる。
 2 . 
合計特殊出生率は平成23年が1.39であり、平成17年の1.26以降、やや増加傾向がみられる。
 3 . 
低出生体重児の出生割合は、昭和55年が5.2%、平成17年が9.5%と増加傾向がみられたが、その後、平成23年は9.6%であり、ほぼ横ばいとなっている。
 4 . 
乳児の乳幼児突然死症候群での死亡率は、出生10万対、平成12年の26.6から、平成23年は12.6と減少した。
 5 . 
乳児の不慮の事故での死亡率は、出生10万対、平成12年の18.2から、平成23年の10.5まで一貫して減少している。
( 保育士試験 平成25年(2013年) 子どもの保健 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
26
評価しない
正解は5です。

1 ○
昭和48年はちょうど第二次ベビーブームの時代です。その後の出生数は減少の一途をたどっています。

2 ○
合計特殊出生率とは、1人の女性が一生の間に産む子供の人数の目安となる数字です。平成17年(2005年)に過去最低を記録しました。

3 ○
低出生体重児とは出生時の体重が2500g未満の新生児のことです。医学の進歩のより、低体重で産まれても助かる子どもが増えています。

4 ○
乳幼児突然死症候群は、SIDSとも呼ばれます。原因の一つだといわれている「うつぶせ寝」に対する注意喚起が行われたことなどにより、近年は減少傾向です。

5 ×
平成23年(2011年)の乳児の不慮の事故での死亡率は18.7%でした。事故は減少していません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解…5
乳児の不慮の事故の死亡率は、平成18年から21年まで一貫して減少しているわけではない.
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は5です。

1 適切です。晩婚化等により出生数は年々減少傾向にあります。

2 適切です。合計特殊出生率とは、1人の女性が一生の間に産む子供の人数の目安となる数字のことを言います。平成17年に1.26と過去最低の記録が出ましたがそれ以降はやや増加傾向にあります。

3 適切です。低出生体重児の出生割合は昭和55年が5.2%、平成17年が9.5%と増加傾向がみられたが、その後、平成23年は9.6%であり、ほぼ横ばいとなっています。

4 適切です。乳児の乳幼児突然死症候群での死亡率は、出生10万対、平成12年の26.6から、平成23年は12.6と減少しました。

5 平成23年(2011年)の乳児の不慮の事故での死亡率は18.7%なので減少しているとはいえません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。