過去問.com

保育士試験 平成25年度(2013年) 子どもの保健  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、日本の人口動態統計やその解釈に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。

 1 . 
出生数は平成23年が約105万人であり、昭和48年の約209万人以降、減少傾向がみられる。
 2 . 
合計特殊出生率は平成23年が1.39であり、平成17年の1.26以降、やや増加傾向がみられる。
 3 . 
低出生体重児の出生割合は、昭和55年が5.2%、平成17年が9.5%と増加傾向がみられたが、その後、平成23年は9.6%であり、ほぼ横ばいとなっている。
 4 . 
乳児の乳幼児突然死症候群での死亡率は、出生10万対、平成12年の26.6から、平成23年は12.6と減少した。
 5 . 
乳児の不慮の事故での死亡率は、出生10万対、平成12年の18.2から、平成23年の10.5まで一貫して減少している。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
19

正解は5です。

1 ○
昭和48年はちょうど第二次ベビーブームの時代です。その後の出生数は減少の一途をたどっています。

2 ○
合計特殊出生率とは、1人の女性が一生の間に産む子供の人数の目安となる数字です。平成17年(2005年)に過去最低を記録しました。

3 ○
低出生体重児とは出生時の体重が2500g未満の新生児のことです。医学の進歩のより、低体重で産まれても助かる子どもが増えています。

4 ○
乳幼児突然死症候群は、SIDSとも呼ばれます。原因の一つだといわれている「うつぶせ寝」に対する注意喚起が行われたことなどにより、近年は減少傾向です。

5 ×
平成23年(2011年)の乳児の不慮の事故での死亡率は18.7%でした。事故は減少していません。

2015/04/23 21:11
ID : qbkbkyvwno
8

正解…5
乳児の不慮の事故の死亡率は、平成18年から21年まで一貫して減少しているわけではない.

2014/10/22 14:04
ID : smkxadbxwc
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。