過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士「子どもの食と栄養」の過去問を出題

問題

次の文は、子どもの朝食に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 「平成21年国民健康・栄養調査報告」によると、「1-6歳」の朝食の欠食率は、男性女性ともに、3%を下回っている。
B 「平成21年国民健康・栄養調査報告」によると、朝食の欠食率が最も高いのは、男性女性ともに、「30-39歳」である。
C 脳は、通常はたんぱく質だけをエネルギー源として利用する組織なので、朝食欠食によるたんぱく質不足は、集中力の低下を招く。
D 子どもの基本的生活習慣の確立や生活リズムの向上につながる運動として、「『早寝早起き朝ごはん』国民運動」(平成18年)が、官民連携により展開されている。
   1 .
A○  B○  C○  D×
   2 .
A○  B○  C×  D○
   3 .
A○  B×  C×  D○
   4 .
A×  B○  C○  D○
   5 .
A×  B×  C×  D○
( 保育士試験 平成25年(2013年) 子どもの食と栄養 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
44
評価しない
正解は5です。

A ×
1~6歳の朝食の欠食率は、男性5.9%、女性3.5%でした。

B ×
朝食の欠食率が高いのは男女共に「20~29歳」でした。
ちなみに男性は33%、女性は23.2%です。

C ×
脳のエネルギー源となるのは、「たんぱく質」ではなく「糖質」です。

D ○
適切な記述です。
保育園でも、「早寝早起き朝ごはん」の大切さを伝えています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解…5
A:1歳〜6歳の朝食の欠食率は、男女ともに5.4%程度である.
B:朝食の欠食率がもっとも高い年代は、男女ともに20代である.
C:脳はエネルギー源として利用するのはブドウ糖である.
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は5です。

A 「平成21年国民健康・栄養調査報告」によると、1~6歳の朝食の欠食率は男子で5.9%、女子で3.5%なので3%を下回っているとは言えません。

B 「平成21年国民健康・栄養調査報告」によると、男女ともに朝食の欠食率が高いのは「20~29歳」です。

C 脳のエネルギー源となるのは、タンパク質ではなくブドウ糖などの糖質です。

D 適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。