過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士「平成28年(2016年)前期」の過去問を出題

問題

次の文は、「保育所保育指針」第1章「総則」の(2)「保育の方法」の一部である。
( A )~( G )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・ 一人一人の子どもの状況や家庭及び地域社会での生活の( A )を把握するとともに、子どもが( B )と信頼感を持って活動できるよう、子どもの( C )としての思いや願いを( D )こと。
・ 子どもが自発的、( E )に関われるような環境を構成し、子どもの( C )的な活動や子ども相互の関わりを大切にすること。特に、乳幼児期にふさわしい( F )が得られるように、生活や遊びを通して( G )に保育すること。
   1 .
(A)課題   (B)安心感   (C)主体   (D)促す        (E)積極的   (F)援助   (G)計画的
   2 .
(A)実態   (B)満足感   (C)個人   (D)促す        (E)意欲的   (F)援助   (G)総合的
   3 .
(A)実態   (B)安心感   (C)主体   (D)受け止める  (E)意欲的   (F)体験   (G)総合的
   4 .
(A)実態   (B)満足感   (C)個人   (D)受け止める  (E)積極的   (F)体験   (G)計画的
   5 .
(A)課題   (B)安心感   (C)主体   (D)受け止める  (E)意欲的   (F)援助   (G)総合的
※ 「保育所保育指針」の目次や記載内容等が、指針の改定(平成30年4月1日施行)により変更されました。
この設問は平成28年に出題された設問となります。
参考1   参考2
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 保育原理 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
正解は 3 です。

保育所保育指針に記載の通りとなります。
保育をする上で大切な姿勢となるので、よく目を通しておきましょう。


各選択肢については、以下の通りです。

A.
一人ひとりの子どもの【実態】を把握して、個々に合った援助をします。

B.
【安心感】や社会や大人への信頼感を持つことが、成長や発達の大前提となります。

C.D.
子どもの【主体】としての思いや願いを【受け止める】ことが、上記の安心感や信頼感につながります。

E.
子どもが自発的、【主体的】に関われるような環境を構成します。
自分からしてみたくなるような工夫や、自分でできるような材料を用意しておくなど援助します。

F.
乳幼児期にふさわしい、その年齢や発達ごとに合った【体験】ができるように援助します。

G.
生活や遊びなど保育所生活の中でさまざまな体験を通して、子どもは成長し学んでいきます。
多様な視点から【総合的】に保育をしていく必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は3です。

以下が正しい文章になります。

・ 一人一人の子どもの状況や家庭及び地域社会での生活の( A実態 )を把握するとともに、子どもが( B 安心感)と信頼感を持って活動できるよう、子どもの( C主体 )としての思いや願いを( D受け止める )こと。
・ 子どもが自発的、( E 意欲的)に関われるような環境を構成し、子どもの( C 主体)的な活動や子ども相互の関わりを大切にすること。特に、乳幼児期にふさわしい( F体験 )が得られるように、生活や遊びを通して( G 総合的)に保育すること。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3です。

「保育所保育指針」第1章総則 1保育所保育に関する基本原則 (3)保育の方法のアとオの記述になります。

確認しておきましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。