過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士「平成29年(2017年)前期」の過去問を出題

問題

次の文は、「保育所保育指針」第1章「総則」3「保育の原理」の一部である。
【Ⅰ群】の項目名と【Ⅱ群】の記述を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A  保育の目標
B  保育の方法
C  保育の環境

【Ⅱ群】
ア   保育室は、温かな親しみとくつろぎの場となるとともに、生き生きと活動できる場となるように配慮すること。
イ   保育所は、入所する子どもの保護者に対し、その意向を受け止め、子どもと保護者の安定した関係に配慮し、保育所の特性や保育士等の専門性を生かして、その援助に当たらなければならない。
ウ   保育所は、子どもの人権に十分配慮するとともに、子ども一人一人の人格を尊重して保育を行わなければならない。
エ   子どもの発達について理解し、一人一人の発達過程に応じて保育すること。その際、子どもの個人差に十分配慮すること。
   1 .
( A )ア   ( B )イ   ( C )エ
   2 .
( A )イ   ( B )ウ   ( C )エ
   3 .
( A )イ   ( B )エ   ( C )ア
   4 .
( A )ウ   ( B )ア   ( C )イ
   5 .
( A )ウ   ( B )エ   ( C )ア
※ 「保育所保育指針」の目次や記載内容等が、指針の改定(平成30年4月1日施行)により変更されました。
この設問は平成29年に出題された設問となります。
参考1   参考2
( 保育士試験 平成29年(2017年)前期 保育原理 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
正解は3です。

Aはイ、
Bはエ、
Cはアです。

ウの内容は「保育所の社会的責任」という項目です。
平成30年4月1日より「保育所保育指針」の改定が行われ、現在この項目はありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は、3です。

 保育所保育指針は、2018(平成30)年4月に改訂版の施行となっています。
 A・B・C全て、改訂版の第1章「総則」の1「保育所保育に関する基本原則」に明記されています。Aから順に説明します。

A=イ
 保育の目標は、子どもの現在と未来を見据えて、今出来る最善を尽くすための目標を掲げています。

B=エ
 保育の方法は、目標を達成するための具体的な方法を掲げています。保育者の意識や、子どもへの接し方を述べています。

C=ア
 保育の環境は、子どもと相互的に関わり、成長・発達に大きく影響します。よりよい保育を行えるようにはどのような環境にすれば良いのか、基本的な事を述べています。

よって、正解は3となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3です。

A 保育の目標ーイ

B 保育の方法ーエ

C 保育の環境ーア

になります。

この問題の文章は「保育所保育指針」(平成20年度版)第1章「総則」3「保育の原理」に記載されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。