過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士「令和3年(2021年)前期」の過去問を出題

問題

次の文のうち、保育所において、養護に関わるねらいと内容を踏まえた保育が展開されなければならないと言われる理由として、「保育所保育指針」に照らして、適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  子どもを放任したり、干渉的に関わったりすることによって、子どもの自立が早期に図られると考えられるから。
B  子どもは、保育士等との信頼関係を拠りどころにしながら、周囲の環境に対する興味や関心を高め、その活動を広げていくと考えられるから。
C  子どもが集団としての統一的な行動がとれるように働きかけることが、子どもの規範意識を培うことにつながると考えられるから。
D  保育士等が、子どもに対する温かな視線や信頼をもって援助することにより、子どもの意欲や主体性が育まれていくと考えられるから。
E  子どもの生命を守り、子どもの生理的欲求を十分満たすことは、子ども一人一人の生きることそのものを保障することであるから。
   1 .
A:○  B:○  C:○  D:×  E:×
   2 .
A:○  B:×  C:○  D:○  E:○
   3 .
A:×  B:○  C:○  D:○  E:×
   4 .
A:×  B:○  C:×  D:○  E:○
   5 .
A:×  B:×  C:×  D:×  E:○
( 保育士試験 令和3年(2021年)前期 保育原理 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない

正解は4です。

保育における養護の働きとは「生命の保持」と「情緒の安定」に分かれています。

「生命の保持」とは健康安全に子どもが生活できるようにすることです。

「情緒の安定」とは子どもが落ち着いて過ごせるようにし、

さらに自己肯定感を抱けるようにすることです。

A→✖子どもを放任したり、過干渉に関わったりする事はむしろ子どもの自立を妨げます。

よって誤り。

B→〇保育士との信頼関係

C→✖養護のねらいと内容の中で、子どもの規範意識に対する項目はありません。また、子どもの規範意識を培うためには、大人との信頼関係が必要です。集団として統一的な行動ができるように働きかけていくというよりは、子どもの行動を認め、子ども自身が自分がしたことに対して肯定感を持てるようにしていくことが大切だと言えます。

よって誤り。

D→〇

E→〇

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。