過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士「平成29年(2017年)後期・地域限定」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 157問 正解) 全問正解まであと157問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
児童養護施設で実習を行ったSさんは、事前に立てた「実習目標」に基づいた取り組みを行った。次の文は、Sさんが取り組んだ内容についての記述である。実習内容として不適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
「子どもたちの名前を覚え、1日の生活の流れを学ぶ」ために、保育士の行う業務について一緒に取り組んだ。
   2 .
「子どもたちに積極的にかかわり、それぞれの行動上の特徴を知る」ために、子どもたちと一緒に遊んだり、勉強を教えたりした。
   3 .
「子どもたちの言動の背景について検討する」ために、子どもたち全員に入所理由や家族の所在などの個人情報について直接質問した。
   4 .
「職員間の連携について学ぶ」ために、家庭支援専門相談員や心理療法担当職員から業務内容について話を聞いた。
   5 .
「実習体験をもとに省察・自己評価を行う」ために、それまでの実習への取り組みおよび認識について実習指導担当者から助言を得た。
( 保育士試験 平成29年(2017年)後期・地域限定 保育実習理論 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
選択肢3が、明らかに不適切です。本設問は、不適切なものをひとつ選べばよいので、他の選択肢を吟味する必要はありません。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
「3」が不適切です。

子どもたち全員に入所理由や家族の所在など、個人情報を聞くことは不適切です。
子どもたちを守るためにも、個人情報をむやみに聞くのはやめましょう。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3です。

児童養護施設に入所する子どもは様々な背景や問題を抱えています。むやみやたらに入所理由や家族の所在を聞くことにより個人を傷つけてしまう可能性があります。また個人情報の保護にも関わってくるので子どもや施設に勤める職員から個人情報に関わることを質問するのはやめましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。