過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士「平成30年(2018年)前期」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 157問 正解) 全問正解まであと157問
次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
障害児入所施設で実習をしているGさんは、入所しているHさん( 15歳、男児、重度の知的障害と肢体不自由あり )とのかかわりを実習記録にまとめていた。以下がその記述の一部である。

Hさんは言葉を発することができず、職員とのコミュニケーションは表情やちょっとした身体の動きによって行っているようだった。私もHさんとコミュニケーションをとろうと、散歩の際に「今日は暖かいですね」と話しかけたが、Hさんの表情の変化を捉えることができずに戸惑い、何を話しかけたらよいかわからなかったため、その後は施設に戻るまで無言のまま車椅子を押した。

【設問】
次の文のうち、実習記録において、専門性向上の観点からGさんがHさんとのかかわりを省察する記述内容として、適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A  Hさんは話しかけられることで何かを感じているだろうから、表情の変化を読み取れなかったとしても、コミュニケーションに工夫をすることが必要だった。
B  Hさんは私の声かけに不快になり、無視をしたのだから、黙って車椅子を押したことはHさんに不快感を与えず、良かったと考えた。
C  Hさんから拒否されたのではないかという恐れがあったため、Hさんに話し続けることができなかったと考えた。
D  他者とのコミュニケーションが困難な利用者とかかわることは、私には無理な取り組みであった。
 1 . 
A  B
 2 . 
A  C
 3 . 
B  C
 4 . 
B  D
 5 . 
C  D
( 保育士試験 平成30年(2018年)前期 保育実習理論 )

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
正解は2です。

1:障害児保育に関わらず、保育に置いて子どもとのコミュニケーションはとても大切です。
様々な形でのアプローチをし、その子どもの好きなことや興味のあることを見つけそこから展開していくことが出来ます。
2:反応がなかったからといって関わりをやめてしまうと、子どもは受け入れてもらえなかったという気持ちになるかもしれません。
3:自分の行動を振り返り、どうしてそのようなことをしたのか考えることは大切です。
4:出来ないと諦めてしまうのではなく、どうしたらいいのか考えることが大切です。自分だけで解決できない場合は、誰かに相談してみるとよいです。
評価後のアイコン
2019/09/07 03:13
ID : hnrqkqcm
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。