過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士「教育原理」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 138問 正解) 全問正解まであと138問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

次の文のうち、「いじめ防止対策推進法」第3条の一部として、下線部分が正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A いじめの防止等のための対策は、いじめが全ての児童等に関係する問題であることに鑑み、児童等が安心して学習その他の活動に取り組むことができるよう、学校内ではいじめが行われなくなるようにすることを旨として行われなければならない。
B いじめの防止等のための対策は、全ての児童等がいじめを行わず、及び他の児童等に対して行われるいじめを認識しながらこれを放置することがないようにするため、いじめが児童等の心身に及ぼす影響その他のいじめの問題に関する児童等の理解を深めることを旨として行われなければならない。
C いじめの防止等のための対策は、いじめを受けた児童等の生命及び心身を保護することが特に重要であることを認識しつつ、国、地方公共団体、学校、地域住民、家庭その他の関係者の連携の下、いじめの問題を克服することを目指して行われなければならない。
   1 .
A:○  B:○  C:○
   2 .
A:○  B:○  C:×
   3 .
A:○  B:×  C:○
   4 .
A:×  B:○  C:○
   5 .
A:×  B:○  C:×
( 保育士試験 令和2年(2020年)後期 教育原理 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
正解は4です。

A 不適切です。「学校内では」ではなく、「学校の内外を問わず」が正しい記述です。

B 適切です。

C 適切です。

近年、日本で問題なっている「いじめ」ですが、学校や警察など関係機関の連携の下、問題に対する理解を大人と子どもが深めていき、防止に努めることが必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は 4 です。

A ×
 下線部分は、正しくは「学校内外」となります。どの場所においても、いじめは防止されることを基本理念とします。

B ○
 いじめは主な当事者、その他の傍観者、全ての児童に悪影響を及ぼします。いじめを受ける者の心や体の傷と、いじめをする者の心の傷、それを見ている者の心の傷は、耐えがたいものです。悲しい出来事を阻止するために、彼らを取り巻く大人達はもちろんのこと、児童の理解も必要なことです。

C ○
 いじめを受けた者の保護を最優先し、その上で関係者との連携の下、いじめの課題に取り組んでいきます。子どもの心のケアや、再発防止などに努めます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は4です

「いじめ防止対策推進法」は2013年6月公布されました。
いじめを再定義し、国及び地方公共団体などの責務を明らかにしています。

A ×
 「学校内では」ではなく、「学校の内外を問わず」です。

B ○
記述通りです。

C ○
記述通りです。

「いじめ防止対策推進法」は35条から成り立っています。内容を確認しておきましょう
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。