過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

医療事務技能審査試験(医科)の過去問 | 予想問題 2021年10月公開問題 問11

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の中から、適切なものを選びなさい。
   1 .
外来において精神科専門療法を行った場合、外来管理加算は算定できない。
   2 .
心身医学療法は精神科標榜医療機関でのみ算定できる。
   3 .
材料価格基準とは処置料とは別に医療機関が算定する医療材料のことで、その価格は医療機関が決めてよい。
   4 .
薬価基準とは医薬品の品目ごとに規格・単位と薬価を示した基準であり、日本製薬工業協会が発行する。
   5 .
廃人症候群とは、急性疾患等で長期間の安静状態を余儀なくされることで、身体能力、筋力の低下や精神状態の悪化をもたらす症状のことで、リハビリテーションの適用がある。
( 医療事務の過去問/予想問題 2021年10月公開問題 診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識 問11 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (1件)

1

正解は1です。

1.外来管理加算は検査の実施時等、同日に算定できない場合があります。 精神科専門療法の実施時も含まれます。

2.心身医学療法は精神科標榜医療機関でなくても行え、診療報酬を算定できます。

3.特定保険医療材料及びその材料価格(材料価格基準)は厚生労働省が定めます。

4.薬価基準とは医薬品の品目ごとに規格・単位と薬価を示した基準であり、厚生労働省が定めます。

5.急性疾患等で長期間の安静状態を余儀なくされることで、身体能力、筋力の低下や精神状態の悪化をもたらす症状のことは、廃用症候群といいます。

付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この医療事務技能審査試験(医科) 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。