過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「テクノロジ系」の過去問を出題

問題

インターネットなどの共用のネットワークに接続された端末同士を、暗号化や認証によってセキュリティを確保して、あたかも専用線で結んだように利用できる技術を何というか。
   1 .
ADSL
   2 .
ISDN
   3 .
VPN
   4 .
Wi-Fi
( 平成27年度 秋期 ITパスポート試験 テクノロジ系 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
あたかも専用線で結んだようにという文言がカギです。
実際には専用線ではありませんが、仮想的に専用線のようにしていることを意味します。

1 . ADSL
アナログ回線を利用しますが、デジタル通信にしておこなう方法です。

2 . ISDN
公衆交換電話網を利用してデジタル化した技術です。

3 . VPN
Virtual Private Networkであることがわかると、答えとして見えてきます。
公衆回線を使った通信技術ですが、仮想的に専用線を構築するところが特徴です。

4 . Wi-Fi
無線LANの通信技術の規格であり、規格化されたことで相互通信を確保しやすくなりました。

したがって、正解は3です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
選択肢をそれぞれ見ていきます。
「1」のADSLは、ツイストペアケーブルを使用する高速デジタル有線通信技術のことを指し、不正解となります。
「2」のISDNは、交換機・中継回線・加入者線まで全てデジタル化された、パケット通信・回線交換データ通信にも利用できる公衆交換電話網を指し、不正解となります。
「4」のWi-Fiは、IEEE802.11規格を使用した無線LANの規格であり、不正解となります。

よって、正解は「3」となります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1. ADSLは、一般家庭の電話線を使い高速な通信を行う技術です。

2. ISDNは、既存の公衆交換電話網をデジタル化し、電話、FAX、データ通信を扱うデジタル通信網です。

3. 正解です。VPN(Virtual Private Network)とは、インターネットなどの共用のネットワークに接続された端末同士を、暗号化や認証によってセキュリティを確保して、あたかも専用線で結んだように利用できる技術をいいます。

4. Wi-Fiは、IEEE 802.11に準拠した無線LAN製品の互換性を証明する規格です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。