過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「平成30年度 春期」の過去問を出題

問題

製品と市場が、それぞれ既存のものか新規のものかで、事業戦略を「市場浸透」、「新製品開発」、「市場開拓」、「多角化」の四つに分類するとき、「市場浸透」の事例に該当するものはどれか。
   1 .
飲料メーカが、保有技術を生かして新種の花を開発する。
   2 .
カジュアル衣料品メーカが、ビジネススーツを販売する。
   3 .
食品メーカが、販売エリアを地元中心から全国に拡大する。
   4 .
日用品メーカが、店頭販売員を増員して基幹商品の販売を拡大する。
( 平成30年度 春期 ITパスポート試験 ストラテジ系 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
選択肢を一つずつみていきましょう。

1.「新種の花を開発する」とあるため「新製品開発」です。
よって、誤りです。

2.カジュアル衣料品メーカーがこれまでとは異なるジャンルのビジネススーツを販売するとあるため「多角化」です。
よって、誤りです。

3.販売エリアを拡大するとあるため「市場開拓」です。
よって、誤りです。

4.基幹商品の販売を拡大するとあるため「市場浸透」です。
よって、正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
事業戦略を市場浸透、新製品開発、市場開拓、多角化の四つに分類したものを「アンゾフのマトリックス」といいます。
このうち、「市場浸透」とは既存市場で既存製品をより浸透させることで
成長を目指すことをいい、選択肢の中では4が該当します。
飲料メーカが新種の花を開発する事例は、
新規製品・新規市場で新製品開発の事例です。
カジュアル衣料品メーカがビジネススーツを販売する事例は、
新規製品・既存市場で多角化の事例です。
食品メーカが販売エリアを拡大する事例は、
既存製品・新規市場で市場開拓の事例です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。