過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「平成30年度 秋期」の過去問を出題

問題

表はコンピュータa〜dのネットワーク接続(インターネットなどのオープンネットワークに接続、又はローカルエリアネットワークに接続)の有無及びアクセス制御機能の有無を示したものである。コンピュータa〜dのうち、不正アクセス禁止法における不正アクセス行為の対象になり得るものはどれか。
問題文の画像
   1 .
コンピュータa
   2 .
コンピュータb
   3 .
コンピュータc
   4 .
コンピュータd
( 平成30年度 秋期 ITパスポート試験 ストラテジ系 問1 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
選択肢を一つずつ見ていきましょう。

1.コンピュータaは、ネットワークに接続されていますが、アクセス制御機能がついているので、不正アクセスされる可能性があります。
よって、正解です。

2.コンピュータbは、ネットワークに接続されているものの、アクセス制御機能がついていません。
よって、不正アクセスする手段がなく対象にはなり得ないため、誤りです。

3.コンピュータcは、ネットワークに接続されていないため、不正アクセスの対象にはなりません。
よって、誤りです。

4.コンピュータcと同じ理由で誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
不正アクセス禁止法とは、本来ログインすることの出来ない人間がネットワークへ侵入したり、パスワードを盗聴する等の行為を禁止する法律です。

不正アクセス罪を成立させるためには、下記の条件が必要です。
・ネットワークに接続されていること
・アクセス制御機能が設定されていること

よって、1が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
不正アクセス行為の禁止等に関する法律の第一条で定められています。

不正アクセス行為の禁止等に関する法律
『(目的)
第一条 この法律は、不正アクセス行為を禁止するとともに、これについての罰則及びその再発防止のための都道府県公安委員会による援助措置等を定めることにより、電気通信回線を通じて行われる電子計算機に係る犯罪の防止及びアクセス制御機能により実現される電気通信に関する秩序の維持を図り、もって高度情報通信社会の健全な発展に寄与することを目的とする。』

「電気通信回線を通じて行われる」
ネットワーク接続 有
「アクセス制御機能により実現される電気通信に関する」
アクセス制御機能 有

したがって、1が正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。