過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「令和元年度 秋期」の過去問を出題

問題

労働者派遣法に基づき、A社がY氏をB社へ派遣することとなった。このときに成立する関係として、適切なものはどれか。
   1 .
A社とB社との間の委託関係
   2 .
A社とY氏との間の労働者派遣契約関係
   3 .
B社とY氏との間の雇用関係
   4 .
B社とY氏との間の指揮命令関係
( 令和元年度 秋期 ITパスポート試験 ストラテジ系 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
労働者派遣契約とは、派遣会社と派遣先会社が契約を結ぶ契約形態です。今回の場合は、Y氏はA社に所属しており、A社と派遣先となるB社が労働者派遣契約を結ぶことになります。

1.A社とB社との間は、労働者派遣契約になりますので、委託ではありません。よって誤りです。

2.Y氏はA社に所属していますので、そこは雇用契約を結ぶ形になります。よって誤りです。

3.B社はA社と労働者派遣契約を結びます。Y氏とではありません。よって誤りです。

4.労働者派遣契約では、Y氏は派遣先のB社の指揮系統に入ります。よって正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
委託関係とは、派遣契約ではなく、請負もしくは業務委託者として勤務する場合を指します。
この場合、Y氏は派遣契約としてB社へ行くことになるため委託関係は結ばれません。
また、委託関係は会社間で結ばれるわけではなく、委託者と委託元会社間で結ばれるもののためA社とB社が結ぶものでもありません。
よって、1は不正解となります。
 
労働者派遣契約関係は、派遣労働者と派遣先企業にて結ばれる契約となります。
そのため、A社とY氏が結ぶのではなく、B社とY氏が結ぶことが正解となります。
よって、2は不正解となります。
 
雇用関係は、派遣労働者と派遣元企業にて結ばれる関係となります。
そのため、B社とY氏が結ぶのではなく、A社とY氏が結ぶことが正解となります。
よって、3は不正解となります。
 
指揮命令関係とは派遣労働者と派遣先企業にて労働者派遣契約が結ばれた際に、派遣先企業は派遣労働者に対して労働時間や休日出勤の有無、休暇取得、業務上の指示などを行うことができることを指します。
そのため、B社はY氏と指揮命令関係にあることとなります。
よって、4が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
労働者派遣法に基づき、A社がY氏をB社へ派遣するのですから、以下の関係となります。

A社とY氏との間で雇用関係
A社とB社との間で労働者派遣契約関係
B社とY氏との間の指揮命令関係

したがって、4が正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。