過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「令和3年度」の過去問を出題

問題

E−R図を使用してデータモデリングを行う理由として、適切なものはどれか。
   1 .
業務上でのデータのやり取りを把握し、ワークフローを明らかにする。
   2 .
現行業務でのデータの流れを把握し、業務遂行上の問題点を明らかにする。
   3 .
顧客や製品といった業務の管理対象間の関係を図示し、その業務上の意味を明らかにする。
   4 .
データ項目を詳細に検討し、データベースの実装方法を明らかにする。
( 令和3年度 ITパスポート試験 ストラテジ系 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない

E-R図とは(Entity Relationship Diagram)の略で、データベース設計で使われる代表的な設計手法の一つです。

「エンティティ(実体)」「リレーションシップ(関連)」「アトリビュート(属性)」の3つの構成要素を使ってモデル化(データと処理の流れを図式化)するのが特徴です。

菱形もしくは矩形で実体、属性を表し、線でつないで関係性を表します。

データモデリングとは、決まったルールを用いてデータを構造化し、整理していく技法のことです。

つまり、問題の「E−R図を使用してデータモデリングを行う」とはE-R図の手法を使ってデータと処理の流れを図式化し、データを構造化、整理していくと言うことになります。

メリットとしては、システム全体の構成が見やすくなり、把握しやすくなることが挙げられます。

問題では業務の管理対象間、業務上の意味という表記になっていますが、「業務」とはシステム設計のことをさしますので、システム設計に置いての顧客や製品の関係性、その業務上の意味を明らかにすると解釈すると分かりやすいと思います。

3が正解です。

1の解説) ワークフローとは業務上のやり取りの流れを表します。

E-R図では流れを表すことはできないため不正解となります。

2の解説) 1と同様にデータの流れをE-R図で表すことはできません。

不正解です。

4の解説) E-R図をモデリングすることで、データベースの実装方法を明らかにすることはできません。

不正解です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。