過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポートの過去問を「全問」ランダムに出題

問題

電子メールにディジタル署名を付与して送信するとき、信頼できる認証局から発行された電子証明書を使用することに比べて、送信者が自分で作成した電子証明書を使用した場合の受信側のリスクとして、適切なものはどれか。
   1 .
電子メールが正しい相手から送られてきたかどうかが確認できなくなる。
   2 .
電子メールが途中で盗み見られている危険性が高まる。
   3 .
電子メールが途中で紛失する危険性が高まる。
   4 .
電子メールに文字化けが途中で発生しやすくなる。
( 令和2年度 秋期 ITパスポート試験 テクノロジ系 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
「ディジタル署名」は、送信者とデータが改ざんされていないことを証明する技術です。認証局が発行した電子証明書にディジタル署名をすることで、文書の完全性を確保するための対策になります。

1.認証局が発行したものではない自分で作成した電子証明書を使用するということは、本人の確認がとれずなりすましの可能性を含んでしまいます。よって正解です。

2.盗み見られている危険性については変わりませんので、誤りです。

3.紛失するリスクは変わりませんので、誤りです。

4.文字化けと電子証明書は関係ありませんので、誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
信頼できる認証局から発行された電子証明書を使ってディジタル署名した電子メールは、証明された公開鍵を使って復号することにより、送信元が正しいことが確認できます。
しかし、それ以外の電子証明書で署名されていても必ずしも送信元が正しいかは確認できません。


したがって、1が正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。