過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポートの過去問を「全問」ランダムに出題

問題

1周目(0 / 484問 正解) 全問正解まであと484問
OSS( Open Source Sofwtare )に関する記述のうち、適切なものはどれか。
 1 . 
高度な品質が必要とされる、医療分野などの業務での利用は禁じられている。
 2 . 
様々なライセンス形態があり、利用する際には示されたライセンスに従う必要がある。
 3 . 
ソースコードがインターネット上に公開されてさえいれば、再頒布が禁止されていたとしてもossといえる。
 4 . 
有償で販売してはならない。
( 平成29年度 秋期 ITパスポート試験 テクノロジ系 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
オープンソースソフトウェア(OSS)とは、ソースコードが利用可能で、著作権保持者がどんな目的のためでもソフトウェアを、学習、変更、そして配布するための権利を提供するというライセンスに基づいたソフトウェアです。
オープンソースソフトウェアを促進することを目的とする組織であるOSI(Open Source Initiative)の定義によれば、オープンソースライセンスが満たすべき要件は次の10つとされています。
①販売または無償頒布を含む自由な再頒布ができること
②ソースコードを入手できること
③派生物が存在でき、派生物に同じライセンスを適用できること
④差分情報の配布を認める場合には、同一性の保持を要求できること
⑤個人やグループを差別しないこと
⑥利用する分野を差別をしないこと
⑦再配布において追加ライセンスを必要としないこと
⑧特定製品に依存しないこと
⑨同じ媒体で配布される他のソフトウェアを制限しないこと
⑩技術的な中立を保っていること

上記を踏まえ選択肢を見ていくと、
「1」は⑥に、「3」及び「4」は①に反していると考えられます。
よって、正解は「2」となります。
評価後のアイコン
2018/02/21 15:32
ID : ufgzwnej
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
選択肢をひとつずつ見ていきましょう。

1.OSSの利用を禁止されている業務はありません。よって誤りです。
ただし、商用ソフトウェアと比べて品質が悪いものもあるため、使用する際は注意が必要だと覚えておきましょう。

2.OSSには様々なライセンス形態があります。改造が禁止されていたり、自由に改造が許可されていたりと、ライセンスによって決めごとが違います。よって、正解です。

3.OSSは再頒布を禁止してはいけません。よって誤りです。

4.OSSは有償で販売してはならない決まりはありません。よって誤りです。
評価後のアイコン
2018/04/27 22:38
ID : ezfqyfqxqo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。